シンニチ保険WEB

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

クレディ・アグリコル生命は、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく<主な取組内容>および<取組状況を客観的に評価するための成果指標(KPI 注)>を更新した。
(注)KPIとは「Key Performance Indicator」の略
1.お客さまの不満
同社は、お客さまの不満を客観的に評価する指標として、「苦情割合(苦情受付件数を、個人保険契約における保険契約件数と団体保険契約における主契約の被保険者数の和で除した値)」をKPIとして定めている。
◆苦情割合(過去3年間の推移)
・2017年度 0.0275%
・2018年度 0.0139%
・2019年度 0.0171%
2.お客さまの支持
同社は、お客さまの支持を客観的に評価する指標として、「お客さま数(個人保険契約における保険契約件数と団体保険契約における主契約の被保険者数の和)」をKPIとして定めている
◆お客さま数* (過去3年間の推移)
・2017年度 210,919
・2018年度 323,911
・2019年度 409,624
*事業年度末の値
3.お客さまの窓口となる提携金融機関の支持
同社のビジネスモデルは、銀行・信用金庫等の提携金融機関を通じて、エンドユーザーであるひとりひとりのお客さまに保険サービスを提供するものとなっている。
お客さまの窓口となる提携金融機関の支持を客観的に評価する指標として「提携金融機関数(同社募集代理店となっている、あるいは、同社団体保険契約の団体を構成する、金融機関の数の和)」をKPIとして定めている。◆提携金融機関数* (過去3年間の推移)
・2017年度 38
・2018年度 44
・2019年度 46
*事業年度末の値

関連記事(保険業界ニュース)

損保

エイチ・エス損保、お客さま本位の業務運営に関する方針に基づく取組状況(2020年度)を発表

損保協会・団体

損保協会、「気候変動対応方針」を策定

損保協会・団体

損保協会、「令和4年度税制改正要望」を決定

損保

三井住友海上、女性副支店長・副部長ポストの新設

生保

明治安田生命、3ヵ年プログラム「MY Mutual WayⅠ期」(2021~2023年度)を策定

生保

明治安田生命、「健全性水準に応じた経営の方針」および「ご契約者配当に関する方針」公表

生保

明治安田生命、CO2排出量をネットゼロとする目標の設定および脱炭素社会の実現に貢献する取組み

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2021年度取組

生保

日本生命、「プラスチッククリアファイルゼロ」の目標設定

生保

生保各社、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」を公表

関連商品