シンニチ保険WEB

第一フロンティア生命、『未来あんしんサポート(R)』における一時払い生命保険の取扱い開始

第一フロンティア生命、みずほ信託銀行およびジェイアイシー(以下「JIC」)は、生命保険と生命保険信託を合わせたサービスである『未来あんしんサポート(R)』において、「現在ある資産を、大切な家族にふやしてのこしたい」というお客さまのニーズに応えるため、第一フロンティア生命の一時払い生命保険の取り扱いを7月1日より開始する。
『未来あんしんサポート(R)』は、2017年12月より取扱い開始した主に「知的障がい」や「自閉症」等の障がいのある子を持つ親へ、子へ“親なきあと”をサポートすることを目的に、JICが提案する生命保険と生命保険信託を組み合わせたサービスである。親(委託者/保険契約者)が亡くなった際、みずほ信託銀行は第一フロンティア生命から死亡保険金を受け取り、親や親族等(指図権者)に指定された条件に基づき、子(受益者)に保険金を分割交付する。
なお、本商品ではお客さまの利便性向上のため、親に替わって各種手続を行う「指図権者」には、親族等の個人だけでなく、子の生活をサポートする入居施設等の法人を指定にすることもできる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、北都銀行において「My介護Bestプラス」を発売

生保

PGF生命、提携金融機関3行で3商品を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じ、『エムソリューションⅢ終身保険型(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みずほ証券および東海東京証券を通じ、『終身保険プレミアム(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、北洋銀行を通じ、『はじめての介護』を販売開始

生保

第一フロンティア生命、三井住友銀行にて「家族を想う認知症保険」の販売開始

損保

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保、新型コロナウイルス感染症や未知の指定感染症を補償する休業補償商品販売

損保

エイチ・エス損保、新型コロナウイルス感染症に関する商品改定

損保

楽天損保、株式会社センチュリー21・ジャパンと代理店業務委託を開始

損保

東京海上日動、MicrosoftAzureユーザー向けクラウド保険開発

関連商品