新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」開始以来、総額4億9,316万円を寄付

メットライフ生命は、2020年6月18日、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」にて2019年に募った総額2,785万310円の寄付金を、「公益財団法人メイク・ア・ウィッシュオブジャパン」、「認定NPO法人全国盲導犬施設連合会」、「公益財団法人がん研究会」、「認定特定非営利活動法人LivinginPeace」の4団体へ贈呈した。2019年度の「ワンダラー・ドネーション」は同社コンサルタント社員3,259名と保険代理店3,112店の賛同により実現した。
「ワンダラー・ドネーション」は、同社とメットライフ全国代理店会連合会*が協働して実施する基金の積立及び寄付を行うプログラムである。同社と本取り組みに参加する同社コンサルタント社員と代理店が、同社商品の新規契約1件につき、それぞれ50セント相当を拠出し、新規契約1件につき1ドル相当を積み立てている。日々の営業活動と社会貢献活動が具現化された「ワンダラー・ドネーション」による寄付は、2006年12月の開始以来、累計4億9,316万円となった。これらの寄付金は各団体を通じて、難病とたたかう子どもたちの夢をかなえる活動、盲導犬の育成、がん研究・治療のための最新医療技術の導入、児童養護施設退所者の進学支援などに役立てられている。
メットライフ生命の代表執行役会長社長最高経営責任者エリック・クラフェイン氏は、「私たちはお客さまや社員を含めた『人』を行動の中心に据えています。ワンダラー・ドネーションはこの姿勢を具現化するものであり、メットライフ生命、当社の営業社員、そして全国の代理店の皆さまがこのプログラムを通じて、共に地域社会の人々に継続して貢献しています」と述べた。
メットライフ生命は、地域社会に寄り添いながら、よりたしかな未来に向けて、ともに歩んでいく。
*メットライフ全国代理店会連合会…最高のサービスと付加価値の提供を目指す、メットライフ生命のプロフェッショナル代理店によって運営される全国48の地区代理店会の連合組織。1992年に会員相互の研鑚と親睦を目的に発足し、メットライフ生命と共存共栄のもと発展・拡大を続けている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

関連商品