新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大樹生命、お客さま本位の業務運営に関する2019年度取組結果を公表

大樹生命は、2019年度のお客さま本位の業務運営に関する取組結果をまとめ、合わせて「お客さま本位の業務運営に関する取組内容」(以下「同取組内容」)を改定する。
同社では2017年5月に「お客さま本位の業務運営に関する方針」および同取組内容を定めて以降、お客さま本位の業務運営をより一層推進する観点から、継続的な取組の強化・充実を行っており、その結果を公表してきている。
今般の改定においては、
・お客さまのニーズに応えるための商品ラインアップの充実
・お客さまがより商品の比較や選択をし易くなるような募集資料の対象商品の拡大
・ESG投資に対する基本的な考え方の明確化
・議決権行使結果についての個別開示の開始 等
お客さまとの重要な接点における取組の充実をはかっている。
今後も全業務分野において、お客さま本位の業務運営の更なる推進に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

日本生命、2023年度第3四半期報告を発表

損保

東京海上ホールディングス、「グループ監査委員会」を設置

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を消却

生保

大樹生命、「映画ドラえもん音のなるオリジナルひみつ道具」の「大樹生命部門」イラストコンテスト結果発表

生保協会・団体

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループによる協働エンゲージメントを実施

生保

第一生命ホールディングス、公開買付届出書の訂正届出書提出に伴う「株式会社ベネフィット・ワン株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」の変更を発表

損保

SOMPOホールディングス、株式分割および株式分割に伴う定款の一部変更を実施

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

生保

住友生命、国際イニシアティブ「Spring」および「NA100」に加盟

関連商品