新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ネオファースト生命、「お客さま第一の業務運営方針」に基づく具体的取組みの2019年度進捗状況を公表

ネオファースト生命は、第一生命グループ(以下「同社グループ」)で定めた「お客さま第一の業務運営方針」に基づく同社の取組みについて、2019年度の進捗状況をまとめた。
同社は、お客さまから更に支持を頂ける保険会社として進化し続けることを目的に、お客さま第一の業務運営にかかる具体的な取組み状況を「見える化」し、お客さまからの評価等を真摯に受けとめ、取組みの品質の向上、取組みのスピードを加速させるべく、同社の取組みを積極的に公表する。
取組みの公表にあたり、同社は「お客さま第一の追求に向けた3つの姿」を示し、そのうえで、これらに沿って各取組みの進捗状況を「取組みの実践状況」、取組みの実践の結果としての「お客さまからの評価」、最終的な「事業の成果」、に分類し、分かり易く、体系的に示す。
また、上記に加え、各取組みの進捗状況を伝える上で相応しい具体的・定量的な指標(KPI)の実績についても、併せて公表している。
公表内容の詳細については、別紙(http://neofirst.co.jp/cms/news/pdf/2020/2006160001.pdf)を参照。
同社はこれからも、グループミッションである「一生涯のパートナー」、企業行動原則である「DSR憲章」に基づき、DSR経営(※1)の推進による経営品質の絶えざる向上により、様々な分野においてお客さま第一の業務運営を追求していく。
[取組状況公表にあたっての基本的な考え方]
・同社の「お客さま第一の業務運営」の更なる追求を行っていく上での基軸的な視点として、「お客さま第一の追求に向けた3つの視点」を掲げている。
・これに基づいて、同社がどのような取組みを実践し、向上させようとしているか、お客さまや社会に対してどのような価値を提供し、社会的責任を果たしていきたいと考えているかを、お客さまに分かり易く体系的に示す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、組織変更を実施

関連商品