シンニチ保険WEB

カーディフ生命、2019年度末の業績を発表

カーディフ生命は、日本の会計基準に基づく2019年度(令和元年度)末の業績を発表した。
◆契約の状況
・主力商品である団体信用生命保険が好調に推移したことで団体保険の保有契約高は当期も引き続き増加し、前年度末比7.9%増の21兆5,849億円となった。
◆収支の状況
・保険料等収入は、前年度比5.2%増の601億円となった。
・基礎利益は、前年度比7.6%増の183億円、当期純利益は、契約者配当準備金繰入額の増加により、同40.0%減の16億円となった。
◆健全性の状況
・ソルベンシー・マージン比率は820.8%となり、引き続き堅固な水準を維持している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dホールディングス、持分法による投資利益を計上見込み

生保

カーディフ生命、北海道銀行のマイカーローン等にがん保障付き団信を提供開始

生保

カーディフ生命、北陸銀行のマイカーローンにがん保障付き団信を提供開始

損保共済

JA共済連 、令和元年度決算を発表

損保

日本地震再保険、「2019年度決算公告」を公表

生保

カーディフ生命、「お客さま本位の業務運営」に関する2019年度取り組み結果を公表

損保

トーア再保険、有価証券報告書第81期を公表

生保

明治安田生命、2020年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、「ローンスマートナビ」を開発

損保

MS&ADホールディングス、2020年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率を公表

関連商品