新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ジブラルタ生命、2019年度の業績を発表

ジブラルタ生命は、2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)の業績を発表した。
■業績指標
個人保険と個人年金保険の合計(以下、個人保険)の新契約高は、3兆1,546億円(前年度比18.4%減)、個人保険新契約年換算保険料は509億円(前年度比29.0%減)となった。
米国金利の低下に伴う積立利率の低下等による影響で一時払の米国ドル建商品の販売が減少したこと、および税制変更により企業向け保険を一部販売停止したこと等により減少した。
■規模指標
個人保険の保有契約高は、為替変動の影響で外貨建商品の円換算による契約高が減少したこと等が主な要因となり、36兆8,066億円(前年度末比0.8%減)、個人保険保有契約年換算保険料は8,761億円(前年度末比3.2%減)、総資産は11兆3,191億円(前年度末比2.9%減)となった。
■収益指標
保険料等収入は、9,571億円(前年度比18.4%減)となった。基礎利益は、1,278億円(前年度比5.3%減)となった。当期純利益は、前年度比57.3%減の583億円となった。
■健全性指標
ソルベンシー・マージン比率は、802.4%(前年度末比50.2ポイント減)と十分な支払余力を確保している。
詳細:https://www.gib-life.co.jp/st/about/is_pdf/20200529.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

生保

ジブラルタ生命、新サービス「給付金オンライン請求」を開始

生保

ジブラルタ生命、小学生向け特別授業「ドリーム・スクール・キャラバン2024」に協賛

生保

ジブラルタ生命、「保全ペーパーレスシステム」の対象手続き拡充

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームの構築完了

生保

ジブラルタ生命、パラフットボールフェスティバルに協賛

生保

ジブラルタ生命、全営業拠点へのAED設置と、本社オフィス全面リニューアル

生保

ジブラルタ生命、4月1日付機構改革

生保

FWD生命、2023年度第3四半期の業績発表

生保

ジブラルタ生命、変額保険(有期型)を発売

関連商品