新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、4月在宅勤務率94%を達成

エヌエヌ生命は、新型コロナウイルスの感染増加に対応する緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大された2020年4月の一カ月間において、東京本社勤務の従業員では最高94%(二日間に渡り)、地域ごとに新型コロナウイルスの感染状況が異なる全国36カ所の営業拠点を含めた全従業員では最高90%(四日間に渡り)を達成した。
エヌエヌ生命の従業員数は4月末時点で非正規社員含め955名である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

エヌエヌ生命、日蘭協業支援プログラム「MONO MAKERS PROGRAM2024」の参加者募集を4月1日から開始

関連商品