シンニチ保険WEB

富国生命、2019年度決算(案)を公表

富国生命は、2019年度決算(案)を公表した。
ポイントは次のとおり。
■新契約高・新契約年換算保険料は2年連続増加
・富国生命、フコクしんらい生命合算の新契約高は前年度比1.9%増加の1兆6,688億円、新契約年換算保険料は、前年度比15.6%増加の206億円
・2社合算の保険料等収入については、前年度比9.1%増加の6,299億円
■第三分野の保有契約年換算保険料は16年連続増加
・2社合算の保有契約年換算保険料は減少となったものの、第三分野については、前年度末比1.4%増加の1,153億円と、開示以来16年連続で増加
■基礎利益は減少
・2社合算の基礎利益は826億円
・団体保険の料率引下げや営業職員数増加にともなう費用増が押し下げ要因となったものの、富国生命単体の利息及び配当金等収入が過去最高を更新するなど利差益が想定を上回り、前年度比9.5%減少にとどまる
■引き続き高い健全性を維持
・連結ソルベンシー・マージン比率は、前年度末比95.3ポイント上昇の1,331.7%となり、引き続き高い水準を維持
■個人保険は8年連続増配
・2005年度決算から実施している入院給付金の支払いがない医療保険契約に対する健康配当を増配
・満期時の特別配当の対象を入院給付金の支払いがないまま満期を迎える医療保険契約にも拡大
・新型コロナウイルスの感染拡大により契約者の家計が影響を受けるなか、増配により実質的な保険料負担を軽減

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、「THEMUTUAL」ポロシャツを製作

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

日本地震再保険、「2019年度決算公告」を公表

損保

トーア再保険、有価証券報告書第81期を公表

生保

明治安田生命、2020年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

損保

MS&ADホールディングス、2020年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率を公表

生保

富国生命、医療保険に付加された入院初期給付特約で追加支払いへ

生保

メットライフ生命、2019年度の決算(案)を発表

生保

富国生命、新型コロナウイルス感染症に関する災害割増保険金等の支払いについて対象商品を追加

生保

カーディフ生命、2019年度末の業績を発表

関連商品