新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ジブラルタ生命、死亡保険金即日支払サービスの上限額を1,500万円に引き上げ

ジブラルタ生命は、2020年4月1日より、死亡保険金即日支払サービスの口座送金扱いによる上限額を、従来の500万円から1,500万円に引き上げる。
死亡保険金即日支払サービスは、お客さま(被保険者)が亡くなられたとき、死亡診断書のコピーと所定の簡易な請求書を提出するだけで、保険金の一部または全部を最短で即日に支払う。同社は、2001年8月より同サービスの取り扱いを行っているが、このたび、保険金支払時のお客さまのさらなる利便性向上を目的として、口座送金扱いによる上限額を引き上げることとした。
同社は、お客さま本位の業務運営の一環として、お客さまに保険金・給付金を確実に届けることに全社一丸となって取り組み、今後も質の高い生命保険サービスの提供を目指していく。
支払上限額    現 行    改定後
口座送金扱い   500万円   1,500万円
現金持参扱い   500万円   500万円
※連絡または請求書類提出の時刻などによっては、死亡保険金をその日のうちに支払いができないことがある。
※契約から2年を経過した契約等の制限がある。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保文化センター、「生命保険と税金の知識」改訂

損保

イーデザイン損保、能登半島地震発生後100日を機に「そのときクルマに乗っていたら?スクショ防災」特設サイトを開設

生保

ジブラルタ生命、中学生向け金融教育コンテンツ「将来とお金の入門教室」をリリース

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

エヌエヌ生命、日蘭協業支援プログラム「MONO MAKERS PROGRAM2024」の参加者募集を4月1日から開始

生保

明治安田生命、“地元のひとが元気になる空間”「明治安田ヴィレッジ」にて謎解き企画を開始

生保

ジブラルタ生命、新サービス「給付金オンライン請求」を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、SOMPOビジネス、自動運転サービスの社会実装に向けたソリューションの提供開始

生保

フコクしんらい生命、保険料のクレジットカード払を導入

関連商品