シンニチ保険WEB

プルデンシャル生命、「全国骨髄バンク推進連絡協議会」に283万円を寄付

プルデンシャル生命はこのほど、「全国骨髄バンク推進連絡協議会」に283万円を寄付した。同協議会への寄付は今回で15回目となり、今回を含めた寄付の合計金額は4,425万円となった。
同社は、骨髄バンクの知名度向上と白血病患者の支援を目的に、毎年1月に開催される箱根駅伝の沿道に骨髄バンクののぼりを立てるボランティアに取り組んでいる。加えて、参加した社員やその家族の人数(今回は283名)に対し1万円をマッチングし、同協議会に寄付している。
寄付金は佐藤きち子記念「造血細胞移植患者支援基金」を通じて、患者さんが骨髄移植を受ける際の諸費用(本人や家族の旅費、滞在費など)に充てられる。
2月13日に同社港第五支社で開催された寄付金贈呈式には、同協議会の田中 重勝理事長が来社し、同支社支社長 森 司より目録が授与された。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定