シンニチ保険WEB

JA共済連、自動車共済における画像認識システム導入

JA共済連では、タブレット型端末機(Lablet’s(ラブレッツ))を使用した自動車共済の契約申込みにおいて、契約者から取得した書類(自動車検査証、標識交付証明書、被共済者の運転免許証)を撮影することで、書類に記載されている情報を読み取り、契約申込みデータへ反映することができる画像認識システムを導入した。
詳細:https://www.ja-kyosai.or.jp/files/2020/202002-2.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、AIを活用した火災保険における不正請求の早期検知の取組みを開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

生保共済協会・団体

生保協会、企業年金(確定給付型)の受託概況を公表

生保

第一生命、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件を完了

共済

JA共済連、高齢ドライバーの交通事故未然防止を支援する自動車安全運転診断車、『運転能力診断』と『安全運転診断』の2つの機能を拡充

共済

JA共済連、共済金支払データによる農作業事故の発生状況にかかる分析結果を公表

生損共済

JA共済連、人材育成支援システム「CAREERSHIP〔キャリアシップ〕」4月から運用開始

生保

SOMPOひまわり生命、給付金請求に「AI自動音声応答サービス」を導入

共済

JA共済連、有村架純さん・浜辺美波さん共演のTV-CMシリーズ新作が完成