シンニチ保険WEB

アリアンツ生命、イオンフィナンシャルサービス株式会社との合弁契約に合意

アリアンツ生命は、日本市場での生命保険事業をより一層発展させるため、アリアンツ・グループの持株会社であるアリアンツエスイー(以下「AZSE」)とその100%子会社であるアリアンツ生命、ならびにイオンフィナンシャルサービス株式会社(以下「AFS」)が生命保険事業についての合弁契約に合意した。
今回の戦略的提携により、アリアンツ・グループが持つ保険やリスク管理分野におけるグローバルで高度な金融専門性と、AFS およびイオングループが保有するリテール事業ノウハウや広大な流通ネットワークという組み合わせを強みとした、日本の生命保険市場をリードする保障性商品および貯蓄性商品や各種サービスをお客さまに届ける。
合弁契約の一環として、AFS はアリアンツ生命の株式の 60%を取得し、AZSE は引き続き株式の 40%を保有する。なお、既に同社(アリアンツ生命)の保険商品に加入しているお客さまの契約内容については、変更はない。
アリアンツ・グループは日本における強力なパートナーを得て、新商品やサービスの提供を通じ、世界第3位の経済大国である日本でのさらなる成長を目指していく。
この合弁契約は監督官庁の認可その他要件の充足を条件としている。詳細については、随時発表していく。
また、このたびの決定はアリアンツ生命に関するものであり、日本で事業を展開しているアリアンツ火災
をはじめとする他のアリアンツ・グループ会社への影響はない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」に選定

損保

三井住友海上、『マイナビ健康経営』『マイナビ AGENT』においてマイナビと業務提携

生保

PGF生命、新たに山梨中央銀行と提携

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

損保

三井住友海上、運送事業者向け安全運転ソリューション『True SAFE』の提供開始

損保

損保ジャパン、ECのための延長保証「proteger」を提供するKivaと新たな保証スキームの検討開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、愛和誼日生同和(中国)が自動運転企業Momentaと戦略提携を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、コドモンと子どもの安全・安心の確保と保育の質向上に向けたサービス開発・提供で協業を開始

損保

SOMPOホールディングス、産総研がRDP連携研究ラボを設立

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、リアルデータ起点による介護業界の社会課題解決に向けた協業開始