シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、経営者の“突然のリスク”に備える保険「エマージェンシー プラス L」「エマージェンシー プラス LII」を発売

エヌエヌ生命は、中小企業経営者の高齢化を踏まえ、2017年12月2日より販売している「エマージェンシー プラス(無解約返戻金型災害・重度疾病定期保険)」に、保険期間が最大100歳満了まで契約可能な解約返戻金のある2つの定期保険「エマージェンシー プラス L(エル)」「エマージェンシー プラス LII(エルツー)」をラインナップとして加え、2020年3月2日より販売を開始する。
<商品の特徴>
「エマージェンシー プラス」は3種類の保険金(災害死亡保険金・重度疾病死亡保険金・死亡保険金)を一体化させた保障設計と、高額な保障について3つの告知項目で申し込みができる保険として好評を得ている。また災害、急性心筋梗塞、脳卒中による死亡リスクに対し、最大1億円までの保障を確保できることから、経営者の「万が一」の際の企業の借入金や運転資金として活用することができる商品。
新しく発売する「エマージェンシー プラス L」「エマージェンシー プラス LII」は、共に「エマージェンシー プラス」の保障内容と同一で、保険期間が最大100歳まで契約可能(エマージェンシープラスは90歳まで)となるもの。これにより中小企業経営者は、より長期にわたる死亡保障の確保のほか事業資金の手当てとして解約返戻金を活用することが可能となる。
<開発の背景>
エヌエヌ生命の調査では「経営者の現役へのこだわり」や「勇退できない現実」により、中小企業経営者の高齢化問題が深刻化していることが明らかになっている。
「中小企業サポーター」のエヌエヌ生命は経営者の「続投」はもとより、いざという時の事業継続・事業承継への備えとして商品を開発した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、「セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん」の提供を開始

生保

PGF生命、「米国ドル建終身保険」・「介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」に認知症に対する保障を追加

生保

PGF生命、米国ドル建年金支払型特殊養老保険に「100歳年金プラン」を追加

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みなと銀行を通じ、『悠々時間アドバンス(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ』に新たな特約を追加

生保

T&Dフィナンシャル生命、東邦銀行にて『ファイブテン・ワールド2』(介護認知症保障プラン)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、三菱UFJ銀行にて『みんなにやさしい年金保険』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、4月2日より無配当終身医療保険(無解約払戻金・Ⅲ型)の販売を開始

生保

太陽生命、日帰り入院で最大40万円を受け取れる医療保険をネットで新発売

関連商品