シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、『マニュライフつみたて終身 〈外貨建/無告知型〉』を野村證券で発売

マニュライフ生命は、無配当外貨建特別終身保険(積立利率変動型)ペットネーム『マニュライフつみたて終身 〈外貨建/無告知型〉』を、2月3日より、野村證券を通じて発売する。
人生100年時代と言われ、高齢化や定年退職年齢の変化に伴ってライフスタイルが多様化するなか、万が一への備えを確保しながら、将来に向けて資金を準備できる終身保険商品へのニーズが高まっている。『マニュライフつみたて終身 〈外貨建/無告知型〉』は、こうしたニーズに応える終身保険である。契約後一定期間の死亡保障を抑えることで、将来の保障をより手厚く確保することができ、さらに、積立金額があらかじめ設定した死亡保障額に到達したあとは、積立金額の増加に
応じて保障も増加していく。積立金の運用は外貨で行うため、海外の金利を活用した効果が期待できる。
◆『マニュライフつみたて終身 〈外貨建/無告知型〉』の特長
1.海外の金利を活用した運用効果が期待できる
・契約通貨を米ドルまたは豪ドルのいずれかから選択できる
・保険金や解約返戻金は、契約通貨または円で受け取る*1ことができる
2.契約後一定期間の死亡保障を抑えることで、将来の保障をより充実させることができる
・保険期間が、死亡保障を抑えた「第1保険期間」と、契約時に定めた基本保険金額*2が保証される「第2保険期間」に分かれている
・第1保険期間は10年に設定されている
3.積立金額*3が基本保険金額以上になると、積立金の増加に応じて保障が充実していく
・第2保険期間中に積立金額が基本保険金額以上になった場合の死亡保険金額は、「積立金額×1.01」の金額となる
4.加入後も積立利率は毎月更改、最低保証があるので安心
・積立利率は毎月見直され、市場金利の変動に弾力的に対応
・米ドル・豪ドルともに、積立利率が最低保証積立利率(年 1.5%*4)を下回ることはない
5.積立金を年金で受け取ることもできる*5
・保険料の払込期間が満了したら、将来の死亡保障にかえて、年金で受け取ることがでる
・保障額の一部を家族のために確保し、残りを自身への年金として受け取ることも可能
・年金は円で支払われる
*1: 「円支払特約E型」を付加した場合。その際、マニュライフ生命所定の為替レートが適用される。
*2: 基本保険金額は、第2保険期間中の死亡保険金額として、契約時に定める金額をいう。ただし、契約後に減額されたときは、減額後の金額をいう。
*3: 積立金額は、払い込まれた保険料および経過年月数により、保険関係費を控除したあと、積立利率を適用して計算される
*4: 2020年2月3日時点
*5: 「無配当年金支払移行特約」を付加した場合。「円支払特約E型」を同時に付加し、円建てで年金を受け取れる

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、「セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん」の提供を開始

生保

PGF生命、「米国ドル建終身保険」・「介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」に認知症に対する保障を追加

生保

PGF生命、米国ドル建年金支払型特殊養老保険に「100歳年金プラン」を追加

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みなと銀行を通じ、『悠々時間アドバンス(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ』に新たな特約を追加

生保

T&Dフィナンシャル生命、東邦銀行にて『ファイブテン・ワールド2』(介護認知症保障プラン)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、三菱UFJ銀行にて『みんなにやさしい年金保険』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、4月2日より無配当終身医療保険(無解約払戻金・Ⅲ型)の販売を開始

生保

太陽生命、日帰り入院で最大40万円を受け取れる医療保険をネットで新発売

関連商品