シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、認知機能向上ゲーム「運転技能向上トレーニング」を提供

第一生命ホールディングスの100%子会社である株式会社QOLead(以下「QOLead」)は、国立大学法人東北大学加齢医学研究所と株式会社仙台放送が共同開発した「運転技能向上トレーニング・アプリ」を、QOLeadが提供するスマートフォン向け健康応援アプリ「健康第一」を活用して、2020年4月を目途に提供を開始する。
平成の初期には10%程度の水準だった65歳以上人口が総人口に占める割合は、今年2020年には約30%を占める見込みで、著しいスピードで高齢化社会が進んでいる。そのような中、高齢者に対し運転免許証の返納が求められる一方、生活のために自動車を手放せない高齢者も多くいる。
今回、健康応援アプリ「健康第一」を活用して本トレーニングを提供することで、運転能力や認知機能の低下を抑制し、運転寿命延伸への貢献を目指す。QOLeadは第一生命グループとして、これらの社会課題の解決を通じて、一人ひとりが望むしあわせな人生や生き方の実現(QOL(Quality of Life)の向上)に向け、取り組んでいく。
<「運転技能向上トレーニング・アプリ」とは>
・脳トレゲームで有名な東北大学・川島隆太教授と仙台放送が共同で発明・開発した世界初の「運転技能向上トレーニング用」のアプリ。1日20分・6週間という短期間で自動車運転技能と認知力と活力が向上することを実証(2019年5月発表の研究成果より)。
・収録ゲームは6種類(運転技能ゲーム3種類、脳トレゲーム3種類)
※特許取得済み(特許6284171号)
(参考)
2019年春から提供中のテレビ接続型(HDMIケーブル使用)ゲーム機を使用したサービス「川島隆太教授のいきいき脳体操~テレビで楽しくトレーニング~」内にも「運転技能向上トレーニング・アプリ」を搭載
★公式URL:http://www.ox-tv.co.jp/brain/tv-training/
<健康応援アプリ「健康第一」の取組概要>
InsTech(インステック)※1では、お客さまに最良のサービスを提供できるようエコシステム※2を形成し、スタートアップ・ベンチャー企業、ベンチャーキャピタル、先進技術企業などから先端テクノロジーに関する情報を幅広くタイムリーに収集・分析し、取り入れている。
今回の健康応援アプリ「健康第一」を活用した「運転技能向上トレーニング・アプリ」の提供についても、「健康長寿社会の実現」を目的とした異業種・業態の企業とのパートナリングにより、実現した。今後も国民のQOL(QualityofLife)の向上や健康寿命の延伸に向け、認知症進行抑制や生活習慣改善に有効なプログラムの提供等を検討していく。
※1 保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の両面から生命保険事業独自のイノベーションを創出する活動のことで、最優先の戦略課題として、第一生命グループ全体で推進している。外部の開発力・アイデアを積極的に取り入れ、他業態との連携(エコシステム)を実現しながら、生命保険業界全体のイノベーションをリードしていくことを目指す。
※2 複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーシップを組み、互いの技術や資本を生かしながら、業界の枠や国境を超えて広く共存共栄していく仕組みのことである。

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会、保険金不正請求の早期検知システムを構築

生保損保

第一生命、みずほフィナンシャルグループ、損保ジャパン、明治安田生命、新小学一年生の交通安全を願い「黄色いワッペン」を贈呈

生保

そらべあ基金、ソニー生命協賛による「そらべあ発電所」設置幼稚園・保育園を募集

生保

アクサ生命、「ニューロダイバーシティ」の社会啓発活動を開始

生保

生保文化センター、「社会保険」や「生命保険」が学べる高等学校公民科・家庭科向け新副教材の提供を開始

生保

PGF生命、三井住友信託銀行で「認知症給付特則付介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」販売を開始

生保

大樹生命、「認知症サポーターキャラバンパートナー企業」に登録

生保

第一生命、スマートフォン向けアプリDCロボットアドバイザー「DCのサプリ」を提供

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の特別協賛と募集開始

生保

明治安田生命、「あしながチャリティー&ウォーク」チャリティー募金を寄贈

関連商品