シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、世界最大の家電見本市「CES2020」で最先端テクノロジーを活用したヘルスケアサービスを発表

SOMPOひまわり生命は、2020年1月7日(火)から米国ネバダ州・ラスベガスで開催された、世界最大規模の家電見本市「CES2020」に日本の保険業界として初めて単独出展した。保険本来の機能(Insurance)に健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた従来にない新たな価値「Insurhealth(R)(インシュアヘルス)」の概念を世界に発信し、最新テクノロジーを活用した保険契約者向けの新ヘルスケアサービスのプロトタイプ展示を行った。
初日となる1月7日(火)14時より、会場内にて開催した記者発表では、同社社長に加えて、本サービスの開発に関わった業務提携先であるNeurotrackTechnologies,Inc.Co-FounderandCEOのElliKaplan氏、Binah.ai,CEOのDavidMaman氏らが登壇した。「健康応援企業」への変革を目指し、Insurhealth(R)の提供に取り組む同社の戦略に加え、2020年内のリリースを予定している新サービスの概要、今後の展開などについて発表を行った。
また、出展ブースでは新ヘルスケアサービスのうちタブレットやスマートフォンによる顔の撮影のみでストレス状態をチェックできる「ストレスチェックアプリ」※1や目の動きのみで認知機能の状態をチェックする「認知機能チェックアプリ」※2、個人の健康診断結果の情報をもとにAIを活用し生活習慣病リスクを6年後まで予測可能な「生活習慣病リスク予測アプリ」※3を先行展示した。4日間で国内外の来場者3,000人以上が体験した。
※1)binah.aiと協業開発(CES2020INNOVATIONAWARDPRODUCT受賞)
(参考)
https://www.ces.tech/Innovation-Awards/Honorees/2020/Honorees/V/Video-based-AI-powered-Digital-Healthcare-App.aspx
※2)NeurotrackTechnologies,Incと協業開発
※3)株式会社東芝、東芝デジタルソリューションズ株式会社と協業開発

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、【業界初】ドライブレコーダー映像からドクターヘリの出動要請を通報の仕組みを構築

生保

SOMPOひまわり生命、メンタルヘルス対策のための「プレゼンティーイズムチェック」を導入

損保

東京海上日動、中小企業専用ソリューションサイト「BUDDY+」を開設

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、AIによる保険金支払の自動判定システムを開発

生保

SOMPOひまわり生命、H2社、新潟大学による共同研究を開始

損保

東京海上ホールディングス、データドリブン商品「dRIVEN」シリーズを展開

損保

損保ジャパン、AIによる気象リスク早期検知サービスと予兆保険の社会実装に向けた検証を開始

生保

SOMPOひまわり生命、オンラインで完結する申込手続きの取扱保険種類拡充

生保損保

損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、みずほ信託銀行と認知症対応に向けた新たな協業を開始

損保

三井住友海上、「地域共生型再生可能エネルギー発電事業会社」で実証実験を開始