シンニチ保険WEB

日本生命、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」・「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の「先進医療」からの削除(見込)について発表

日本生命は、「ニッセイみらいのカタチ 入院総合保険“NEW in 1(ニューインワン)”」が厚生労働大臣が定める「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」・「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の「先進医療」からの削除見込であることを発表した。
厚生労働大臣が定める「先進医療」は、診療報酬の改定時には保険診療となるかと併せて削除について検討され、また、適宜追加・削除が行われている。
今般、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」・「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」(以下、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」等)が、2020年4月1日より、「先進医療」から削除される見込み。(2020年3月の厚生労働省告示をもって決定予定。)
“NEW in 1(ニューインワン)”の先進医療給付金については、療養を受けた時点において、厚生労働大臣が定める「先進医療」であることを支払事由としているため、「先進医療」から削除された場合、契約日に関わらず、2020年4月1日以降に受ける「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」等は、“NEW in 1(ニューインワン)”の先進医療給付金の支払対象外となる。
“NEW in 1(ニューインワン)”は「先進医療」の保険診療としての承認、追加・削除に応じ、自動的に連動して保障範囲が変更となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『アクサの「一生保障」の医療保険スマート・ケア《正式名称:医療治療保険(無解約払いもどし金型)》』を改定

生保

日本生命、「セカンドライフについて」のアンケート調査を実施

生保

ニッセイ・ウェルス生命、富山銀行を通じ、『はじめての介護』『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

朝日生命、「引受基準緩和型通院保障特約」「引受基準緩和型手術サポート特約」の発売を開始

損保

共栄火災、「しんくみホッとプラン」に弁護士費用補償付きプランを新設

生保

はなさく生命、医療終身保険「はなさく医療」等バージョンアップ

損保

東京海上日動、eスポーツ包括保険の販売を開始

損保

MS&ADホールディングス、大学スポーツ協会と連携し国内初の保険制度『スポーツセーフティネット』を導入

損保

三井住友海上、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」に新たな割引制度を導入

損保

共栄火災、業務災害補償保険をリニューアル

関連商品