シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、ストレス計測アプリのリリースおよび血圧測定に関する実証実験開始、ビナー社へ出資

SOMPOひまわり生命とBinah.ai(CEO:David Maman、以下「ビナー社」)は、2020年度にストレス計測アプリをリリースすることを決定した。また、SOMPOひまわり生命は、ビナー社と血圧測定に関する実証実験を開始することを合意した。さらに、SOMPOホールディングスは、ビナー社に対して将来にわたる協業を強化する目的で11月1日付で出資を実施した。
1.「ストレス計測アプリ」のリリースについて
SOMPOひまわり生命とビナー社は、2019年1月にヘルスケア分野での協業を開始し、SOMPOホールディングスがイスラエル・テルアビブに設立したDigital Lab Tel Aviv(CEO:Yinnon Dolev)と共同で、ビナー社が開発したストレススコアリング技術の実証実験を行ってきた。2020年1月に開催された「CES 2020※」には、SOMPOひまわり生命とビナー社が共同で開発した、スマートフォン上での顔の撮影のみでストレス状態をチェックできる「ストレスチェックアプリ」をSOMPOひまわり生命のブースにて展示し、今後2020年度内を目安に、SOMPOひまわり生命の契約者向けにストレス計測アプリとして本格リリースする。
※2020年1月7日(火)~10日(金)にラスベガスで開催された国際見本市。コンシューマー・エレクトロニクス分野では世界最大規模。
2.血圧測定の実証実験について
ビナー社の生体データ取得技術を活用した顔の画像から血圧を測定する技術の実証実験の開始について、Digital Lab Tel Aviv とビナー社は合意した。高血圧は動脈硬化や脳血管疾患、心疾患における重要な因子であり、国内に900万人以上といわれる高血圧患者の血圧管理は重要な社会課題となっている。血圧測定には専用の血圧計が必要であるのが一般的だが、ビナー社の技術では、スマートフォンによる顔の画像から正確な血圧値の取得が期待できる。
高血圧患者だけでなく健康な方も含め、日々の血圧の把握や管理に取組んでもらうことをねらいとする。
3.出資の背景・目的
ビナー社は、独自のアルゴリズムとディープラーニングテクノロジーにより、高精度なデータ処理と分析を提供する企業であり、コアテクノロジーをヘルスケア・金融・自動車産業に展開していることから、SOMPOホールディングスの「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現に貢献できると考え、出資を決定した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

生保

SOMPOひまわり生命、静岡県浜松市における官民合同コンソーシアムへ参加

損保

三井住友海上、チャットボットによる自動車保険の住所変更手続きサービスを開始

生保

SOMPOひまわり生命、2019年度第3四半期の業績を発表

生保

SOMPOひまわり生命、役員人事を発表

損保

三井ダイレクト損保、お客さまセンター営業時間を変更

生保

マニュライフ生命、第14回全国高校生金融経済クイズ選手権エコノミクス甲子園全国大会大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝

生保

生命保険文化センター、「生命保険と税金の知識」・「ライフプラン情報ブック」を改訂

損保

セゾン自動車火災、「AIによる自動応答サービス(AIチャットボット)」をリニューアル

損保

エイチ・エス損保、ダイヤモンド・プリンセス号に乗船中の海外旅行保険の契約者への発表

関連商品