シンニチ保険WEB

大樹生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ賛同

大樹生命は、金融安定理事会(以下「FSB」)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures、以下「TCFD」)の提言へ賛同した。
同社は、社会の一員として地域の環境保全に貢献するとともに、良好な地球環境を次世代に引き継ぐため、「環境配慮に関する基本方針」を定め、環境保護活動に取り組んでいる。
具体的には、「大樹生命のCSR三本柱」のひとつとして「社会・環境」を重要領域と定め、「苗木プレゼント」等の環境保護活動を行うだけではなく、「グリーンボンド」などへのESG投資を通じて機関投資家としても環境問題に取り組んできた。今回のTCFD提言への賛同は、こうした同社の環境問題への取組みや、SDGsの達成に向けた取組みの一環として行うものである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

生保

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

生保

大樹生命、『31文字(みそひともじ)コンクール』の入賞作品を決定

生保

かんぽ生命、契約調査の結果と今後の取組みを公表

生保

かんぽ生命、「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会」からの報告を公表

SOMPOひまわり生命、『ひまわりクレド~保険金・給付金~大切な5つの「一」』PR動画公開

生保

朝日生命、連結子会社の商号を変更

生保

アクサ生命、新たな気候戦略を発表

生保

住友生命、内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の登録事業者に

損保

SOMPOホールディングス、ブラジル保険持株子会社Sompo International Holdings Brasil Ltda.の新設

関連商品