シンニチ保険WEB

大樹生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ賛同

大樹生命は、金融安定理事会(以下「FSB」)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures、以下「TCFD」)の提言へ賛同した。
同社は、社会の一員として地域の環境保全に貢献するとともに、良好な地球環境を次世代に引き継ぐため、「環境配慮に関する基本方針」を定め、環境保護活動に取り組んでいる。
具体的には、「大樹生命のCSR三本柱」のひとつとして「社会・環境」を重要領域と定め、「苗木プレゼント」等の環境保護活動を行うだけではなく、「グリーンボンド」などへのESG投資を通じて機関投資家としても環境問題に取り組んできた。今回のTCFD提言への賛同は、こうした同社の環境問題への取組みや、SDGsの達成に向けた取組みの一環として行うものである。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、「SOMPO気候アクション」の加速に向けた「NZIA:ネットゼロ・インシュランス・アライアンス」への加盟と取組方針を強化

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務届出を踏まえ懸念等を発表

生保

明治安田生命、「『お客さまの声』白書2022」を発行

その他生保

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

SBI生命、2021年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果と成果指標を公表

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施