シンニチ保険WEB

日本生命、中期経営計画「全・進-next stage-」(2017-2020)の数量目標修正

日本生命は、2017年3月17日に公表した中期経営計画「全・進-next stage-」(2017-2020)の数量目標のうち、「保有年換算保険料」および「お客様数」について見直しを行った。
これまで同社および大樹生命の合計値を数量目標として掲げていたが、ニッセイ・ウェルス生命とはなさく生命がグループに加わったことや、法人向け定期保険の一時販売停止の影響等をふまえ、見直しを行ったもの。
▼保有年換算保険料(国内保険計 2020 年度末)
①見直し前:2016年度対比で+8%(4.37兆円相当)→②見直し後:4.5兆円※(②-①=+0.13兆円)
▼お客様数(国内保険計 2020 年度末)
見直し前:1400万名→見直し後:1440万名(同+40万名)
(※)保有年換算保険料の数量目標については、成長率から実額に変更している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「レジ袋有料化」に関するアンケート調査を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、新型コロナ感染防止を踏まえた新たな自然災害対応態勢

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」を改定し、取り組み結果を公表

損保

共栄火災、「お客様本位の業務運営方針」に基づく取組状況を公表

生保

日本生命、新型コロナウイルス感染者の発生

生保

太陽生命、太陽の元気プロジェクト2019年度の取組み

生保

日本生命、新型コロナウイルス感染者発生

生保

日本生命、「令和2年7月豪雨」の被害に対する義援金を寄贈

生保

日本生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・シティ・ボンドに投資

生保

日本生命、プライベートエクイティファンドを通じたインパクト投資を開始

関連商品