シンニチ保険WEB

日本生命、中期経営計画「全・進-next stage-」(2017-2020)の数量目標修正

日本生命は、2017年3月17日に公表した中期経営計画「全・進-next stage-」(2017-2020)の数量目標のうち、「保有年換算保険料」および「お客様数」について見直しを行った。
これまで同社および大樹生命の合計値を数量目標として掲げていたが、ニッセイ・ウェルス生命とはなさく生命がグループに加わったことや、法人向け定期保険の一時販売停止の影響等をふまえ、見直しを行ったもの。
▼保有年換算保険料(国内保険計 2020 年度末)
①見直し前:2016年度対比で+8%(4.37兆円相当)→②見直し後:4.5兆円※(②-①=+0.13兆円)
▼お客様数(国内保険計 2020 年度末)
見直し前:1400万名→見直し後:1440万名(同+40万名)
(※)保有年換算保険料の数量目標については、成長率から実額に変更している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、資産運用高度化に向けた有価証券運用システムを整備

生保

日本生命、2020年プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」に協賛

生保

日本生命、千葉県版包括協定「2020ちばパートナーズ」に登録

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

生保

日本生命、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」・「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の「先進医療」からの削除(見込)について発表

生保

日本生命、2020年社長年頭挨拶を公表

生保

日本生命、新WebCM“「老後資金3分法」編”公開

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

生保

日本生命、大阪市北区の中之島4丁目用地における未来医療国際拠点整備・運営事業へ参画

生保

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

関連商品