シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、学習院大学主催シンポジウム『超高齢社会を科学するⅣ』へ協賛

SOMPOひまわり生命は、学習院大学が11月23日(土)に開催するシンポジウム「『超高齢社会を科学するⅣ』<健康長寿社会のテクノロジー>」に協賛する。
1.協賛の背景
同社は、超高齢社会をむかえる日本において、認知症に関する社会的課題をSOMPOグループ全体で解決すべき重要な課題ととらえ、「SOMPO認知症サポートプログラム」を展開している。本シンポジウムは、「認知症予防としてすべきこと、なっても自分らしく暮らせる社会」等、認知症エコシステムについて論じている場であり、認知症への一般理解促進に向け、本シンポジウムに賛同し、協賛することとした。
2.シンポジウム詳細
本シンポジウムは学生や教職員だけでなく一般参加が可能であり、聴講無料、事前申込不要である。
<第7回学習院大学ブランディング・シンポジウム第26回生命科学シンポジウム>
URL:https://www.univ.gakushuin.ac.jp/events/2019/1018.html
3.今後の展開
同社は、今後も大学研究機関や企業、行政自治体との連携を通じ、お客さまへ従来にない新たな価値「保険+健康(Insurhealth((R)):インシュアヘルス)」を提供していく。
【参考】
学習院大学の「超高齢社会への新たなチャレンジ-文理連携型〈生命社会学〉によるアプローチ-」は、2016年度私立大学研究ブランディング事業に採択されている。さらなる超高齢社会の到来を見据え、生命科学系における認知症・がん・老化・再生医療分野でのフロント研究の推進により健康寿命の延伸を図る。
さらに、全学部ワンキャンパス集結という特性を活かし、生命科学の急速な進展に伴って生じうる近未来の社会的諸問題とその対応について文理連携による統合的議論を深める新たな学際領域<生命社会学>を創成しつつ、超高齢社会の未来に対応可能な社会基盤の整備に向けた提言を目指す。
■学習院大学ブランディング事業特設サイト
https://www.univ.gakushuin.ac.jp/research/branding2016.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、生活習慣病の予防をサポートするアプリ「リンククロス健康トライ」の提供開始

生保

SOMPOひまわり生命、生産性評価制度を導入

生保

SOMPOひまわり生命、健康応援リサーチ「With/Afterコロナの健康と保険に関する意識調査」を実施

生保損保

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命、全国健康保険協会青森支部との健康経営普及促進にかかる協定を締結

生保

SOMPOひまわり生命、生活習慣病の重症化予防の取組みを応援する「医療保険(MI-01(エムアイ-ゼロイチ)」を発売

生保損保

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命、苫小牧市との『包括連携協定』を締結

生保

SOMPOひまわり生命、2019年度決算を発表

生保

SOMPOひまわり生命、「新型コロナウイルス」感染拡大に関する災害死亡保険金等の支払いに関する発表

生保

SOMPOひまわり生命、「ライフプランコーチforBANK」と「ASシステム」のAPI連携開始

生保

SOMPOひまわり生命、同社社員の新型コロナウイルス感染者発生について発表

関連商品