シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、外貨建て保険をわかりやすく解説する動画で、UCDA認証「伝わるデザイン」を取得

マニュライフ生命は、公式ホームページで公開している外貨建て保険の疑問や不安を解消する動画において、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(以下、「UCDA」)より、「伝わるデザイン」の認証を取得した。同認証を映像で取得するのは、全業種において同社が初めてである。
今回、認証を受けた動画は、『ナゼ?ナニ?ガイカ』という全6本の動画シリーズのうちの1本である。
この動画シリーズでは、外貨建て保険の仕組みや費用、リスク、外貨建て資産を持つことの意義などをわかりやすく解説している。認証を取得した「Vol.1外貨建保険って、良いの?悪いの?」は、約2分半の動画で、初めて外貨建て保険を検討する人を対象に、外貨建て保険の特徴を4つのポイントで説明している。すべての動画は、マニュライフ生命の公式ホームページからアクセスできる。
UCDAは「わかりやすさ」を評価する国内唯一の第三者機関として認証制度を運営している。UCDA認証「伝わるデザイン」は、パンフレットや申込書などの紙媒体に加え、今年度から、生活者がタスクを達成する支援のための映像も認証の対象としている。UCDAでは、映像を情報量や文字、時間配分、色彩設計、入力・音声など9つの項目においてそれぞれ基準を設けて評価している。今回の認証取得にあたり、UCDAによる指摘箇所を改善・修正し、『ナゼ?ナニ?ガイカ』はこれまで以上にわかりやすい動画となった。
具体的には以下の点を改善している。
・色覚障がいのある方に配慮した色彩調整を行い、イラストなどを見やすくした。
・1行あたりの文字数を減らし、再生時間を延ばすことで、画面上の文字を読みやすくした。
・よりわかりやすくするために、イラストの追加やデザインの調整を行った。
・BGMとナレーションの音声レベルを調整し、ナレーションを聞き取りやすくした。
UCDAの認証に関しては、2019年7月に発売した『こだわり変額保険』の商品パンフレットおよび『未来につなげる終身保険』の商品パンフレットについて、紙媒体のUCDA認証「見やすいデザイン」も取得している。これは、「情報量」「タイポグラフィ(文字)」「色彩設計」の3つの評価項目の基準にもとづきUCDA認定評価員*などにより評価された。
マニュライフ生命は、2017年に策定した「お客さまへの誓い」の中で約束しているとおり、お客さまにとってわかりやすい説明と、わかりやすい資料の作成のために、今後もさらなる取り組みを行なっていく。
*UCDAがデザインやユーザビリティに関する専門的知見を有すると認定した実務家や研究者
「伝わるデザイン」認証を受けた動画はこちらから。
URL:http://manulife-gaika.jp/nazenani_movie/

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

生保

第一生命ホールディングス、第一生命、保険業界初、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件が決定

生保

T&Dホールディングス、第2回「プラチナキャリア・アワード」優秀賞を受賞

生保

日本生命、「ITJapanAward2020」特別賞を受賞

生保

アフラック生命、“InnovationEfma主催“InnovationinInsuranceAwards”を受賞

損保

三井住友海上、「Efma-Accenture Innovation in Insurance Awards 2020」Workforce Transformation(人材変革)部門で銀賞を受賞

生保

マニュライフ生命、2019年度決算報告を発表

生保

マニュライフ生命、公式ウェブサイトをより見やすくリニューアル

損保

SOMPOホールディングス、「電波の日・情報通信月間」中国総合通信局長表彰の受賞

生保

ニッセイ・ウェルス生命、HDI格付けベンチマーク「モニタリング」格付けで最高評価の『三つ星』を獲得

関連商品