シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』において「円建年金支払開始自動判定特約」の取り扱いを開始

マニュライフ生命は、無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)ペットネーム『こだわり個人年金(外貨建)』に無料で付加できる「円建年金支払開始自動判定特約」(以下、「本特約」)の取り扱いを2019年11月1日より開始する。
『こだわり個人年金(外貨建)』は、外貨で資産を築き、年金を外貨建てだけではなく円建てでも受け取ることができる個人年金保険。円建ての年金を受け取る場合、年金原資を外貨建てから円建てに移行するときに、為替相場が円高の場合は、年金額が少なくなる可能性がある。これまで、それを避けるためには、外貨のまま年金を受け取り、後で円に両替する、または、受け取り開始のタイミングを変更するなど、お客さま自身で為替相場を確認し、タイミングを見て判断する必要があった。本特約を付加すると、円建て年金の受取開始日の前日に、外貨建ての積立金を円に換算した金額(以下、「円換算額」)が、お客さまによってあらかじめ設定された判定額に到達したか否かをマニュライフ生命が自動的に判定する。本特約の付加により、これまでのようにお客さま自身で為替相場を注視する必要がなくなり、負担が軽減される。
『こだわり個人年金(外貨建)』は、公的年金や退職年金、退職一時金に加え自身で将来に備えたいお客さまの資産形成ニーズに応えるため2015年に発売した平準払いの年金保険で、マニュライフ生命のプランライト・アドバイザー(営業職員)および保険代理店、また、41の提携先金融機関を通じて販売されている。
生き方や働き方が多様化するなか、マニュライフ生命は、自分らしい、これからの生き方を「Life 2.0」と名付けた。「Life 2.0」をサポートするため、マニュライフ生命は今後も先進的な商品およびサービスの提供に取り組んでいく。
『こだわり個人年金(外貨建)』については下記URLを参照のこと
URL:https://www.manulife.co.jp/kodawari-kojin02

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、提携金融機関3行で3商品を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じ、『エムソリューションⅢ終身保険型(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みずほ証券および東海東京証券を通じ、『終身保険プレミアム(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、北洋銀行を通じ、『はじめての介護』を販売開始

生保

第一フロンティア生命、三井住友銀行にて「家族を想う認知症保険」の販売開始

損保

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保、新型コロナウイルス感染症や未知の指定感染症を補償する休業補償商品販売

損保

エイチ・エス損保、新型コロナウイルス感染症に関する商品改定

生保

第一フロンティア生命、『未来あんしんサポート(R)』における一時払い生命保険の取扱い開始

損保

楽天損保、株式会社センチュリー21・ジャパンと代理店業務委託を開始

損保

東京海上日動、MicrosoftAzureユーザー向けクラウド保険開発

関連商品