シンニチ保険WEB

大同生命、「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰~輝くテレワーク賞~『優秀賞』」を受賞

大同生命は、厚生労働省が実施・選出する「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰~輝くテレワーク賞~『優秀賞』」を受賞した。
同社は2017年度に総務省の「テレワーク先駆者百選『総務大臣賞(大賞)』」、2018年度に一般社団法人日本テレワーク協会の「テレワーク推進賞『優秀賞』」を受賞しており、3年連続での表彰となった。
同社では、育児中の女性や介護中のシニア層等の多様な人材が安心して働けるよう、「すべての従業員が挑戦・成長を実感できる会社、長く活躍できる会社を目指す」との方針から、テレワークを含む働き方改革・両立支援を推進している。
<大同生命の主なテレワークの取組み>
○2013年度から約5,000人の営業担当者全員にタブレット端末を配付。社外での業務を効率化し、直行直帰を励行。
○2014年度より在宅勤務制度を導入。2019年度からは利用する回数・場所の制限を撤廃。育児・介護と業務を両立しながら働く従業員を中心に、利用者が毎年拡大。
○2018年度にサテライト・オフィスを開設。自宅近隣の事業所で査定業務を実施可能な体制を整備。(保険加入・支払の査定は「センシティブ情報」を取扱うことから在宅勤務の対象外)
○今年度からスタートした中期経営計画で、テレワーク等の「働き方改革」を力強く推進することを、改めて経営トップメッセージとして記載。
※2020年東京オリンピック・パラリンピック開催期間はテレワークの最大限の活用やフレックスタイム制度を利用した時差出勤、有給休暇の取得勧奨等での対応を予定している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、「在宅勤務(テレワーク)とデジタル化の取組状況」について調査結果を公表

生保

太陽生命、大同生命、京阪ホールディングス株式会社が発行する「サステナビリティボンド」に投資

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、『NOVUSFUTUREDESIGNAWARD(ノウスフューチャーデザインアワード)』にて石塚勢二氏の「IMA-IZAMAP」を「こくみん共済coop賞」に選定

生保

日本生命、第2回「日本子育て支援大賞 2021」の受賞

生保

住友生命、「DX認定事業者」の認定取得

生保

生命保険文化センター、2021年度生命保険に関する研究助成制度助成者決定

生保

生命保険文化センター、2021年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者決定

生保

大同生命、全国信用組合中央協会と「コロナ禍での資金繰りと金融機関との関わり」について共同調査

生保

チューリッヒ生命、週刊ダイヤモンドの保険特集で「終身ガン治療保険プレミアムZ」が1位を獲得

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

関連商品