シンニチ保険WEB

大樹生命、国連責任投資原則(PRI)に署名

大樹生命は、この度、国連責任投資原則(Principlesfor Responsible Investment、以下「PRI」)に署名した。
PRIは、持続可能な社会の実現を目的とし、機関投資家が「環境(E:Environment)」、「社会(S:Social)」、「ガバナンス(G:Governance)」の要素を投資の意思決定に組込むことを提唱する原則となる。
同社ではこれまでも、機関投資家として社会的責任を果たす中で進めている多様な投資案件への取組の一環として、ESG投資を行っていた。
PRIの実践を通じ、引き続き、ESG取組の強化を図り、持続可能な社会の実現に貢献していく。
以下、原文ママ
<PRIの6原則>
1.私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESG課題を組み込みます。
2.私たちは、活動的な所有者になり、所有方針と所有慣習にESG問題を組み入れます。
3.私たちは、投資対象の企業等に対してESG課題について適切な開示を求めます。
4.私たちは、資産運用業界において、本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。
5.私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
6.私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2019年度取組結果について

生保

ソニー生命、内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)事業者に登録

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

生保

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

生保

かんぽ生命、契約調査の結果と今後の取組みを公表

生保

かんぽ生命、「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会」からの報告を公表

SOMPOひまわり生命、『ひまわりクレド~保険金・給付金~大切な5つの「一」』PR動画公開

生保

朝日生命、連結子会社の商号を変更

生保

大樹生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ賛同

関連商品