シンニチ保険WEB

PGF生命、「ご契約内容のお知らせ」に音声案内電子サービスを導入

PGF生命は、高齢者や目が不自由なお客さまへのサービス向上の一環として、2019年10月より、年に一度全ての契約者に送付する「ご契約内容のお知らせ」の封筒および送付物の一部に「音声コード(Uni-Voice=ユニ-ボイス)」*1を用いて、保障内容を読み上げる音声案内電子サービスを導入する。
音声案内電子サービスは、スマートフォン・タブレット用のアプリケーション(無料)または活字文書読み上げ装置を使用して音声コードを読み取ると、文字情報をテキスト表示するとともに音声にて読み上げるサービスである。「ご契約内容のお知らせ」において、お客さま一人ひとりの契約内容にあわせて、保障内容を音声で案内するのは生命保険業界で初の取り組みとなる*2。なお、目が不自由なお客さまは、切り欠きの入った封筒および書面の形状から音声コード付きであることを認識することができる。
同社ではこれまでも、目が不自由なお客さまに対し、保険証券や「ご契約内容のお知らせ」において点字での案内を行うほか、耳や言葉が不自由なお客さま専用の窓口「PGF生命手話(筆談)・チャットサービス」を開設するなど、障がいのあるお客さまが、加入後も安心して契約を継続できるよう、さまざまなサービスを導入している。
今後も引き続き、障がいのある人をはじめ、高齢によって目や耳が不自由になった人へ本サービスの案内を進めるとともに、すべてのお客さまに質の高いサービスを提供できるよう取り組んでいく。
*1 JAVIS(日本視覚障がい情報普及支援協会)が開発した漢字を含む文字データを約800文字記録できる携帯電話対応2次元バーコードである。スマートフォン・タブレット(iOS、Android)用の「Uni-Voice」アプリケーション(無料)で利用できる。利用手順等の詳細は下記参照。
*2 2019年9月、同社調べ
【音声コードの利用手順】
http://www.pgf-life.co.jp/hpcms/news/NB300.do?NID=1525

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

カーディフ生命、カーディフ損保、ネット完結型”団信ウェブ申込サービスで、銀行の住宅ローンビジネスのデジタル化を支援

損保

SOMPOリスクマネジメント株式会社、損保ジャパン、企業のリスク対策に資する協業先をマッチングするサービス提携を開始

生保損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、行動経済学を応用した標的型メール訓練サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

損保

イーデザイン損保、遠隔健康医療相談「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」をHP上で紹介

生保

PGF生命、提携金融機関の販売担当者向けにWeb会議システムを活用したコンサルティング研修を開始

生保

アフラック生命、「がん電話相談」再開

損保

損保ジャパン、医師によるオンライン医療相談サービスの利用対象者を拡大

損保

SOMPOホールディングス、「新型コロナウイルス影響下におけるSOMPOの取組み」ページ公開

その他

SOMPOケア、管理栄養士監修『SOMPOケア簡単!スマイルレシピ集』をウェブで公開

関連商品