シンニチ保険WEB

大同生命、株式会社りそな銀行の「iDeCo」の取扱開始

大同生命は、10月1日(火)より、りそなグループの株式会社りそな銀行(社長:東和浩、以下「りそな銀行」)が提供する個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」)の取り扱いを開始した。
なお、本取組みは、2018年10月に大同生命とりそな銀行で合意した業務提携※の一環となる。
同社は、「中小企業とそこで働くすべての方を様々なリスクからお守りする」ことを使命として掲げている。長寿化の進行に伴い「長生きリスク」が注目される中、老後の安定的な生活資金の準備に資する商品の提供を進めていく。
「iDeCo」は、個人で掛金を積み立て、定期預金・投資信託などの金融商品で運用し、その成果に応じて原則60歳以降に給付金を受け取る確定拠出型の年金制度である。同制度に加したお客さまは、「掛金」「運用」「受取」の3つの場面でそれぞれ税制上の優遇措置を受けることができる。
また、中小事業主掛金納付制度(iDeCo+)は、iDeCoに加入している従業員の掛金に対し、事業主(会社)が掛金を上乗せして拠出することができる制度である。事業主が従業員の資産形成を支援することで、企業年金未導入の中小企業における福利厚生の充実や人材確保・定着化といった効果が期待できる。
同社は今後とも、中小企業の更なる成長と発展を支援し、お客さまに「最高の安心」と「最大の満足」を届ける生命保険会社を目指していく。
※詳細は2018年10月29日付ニュースリリース「大同生命保険株式会社と株式会社りそな銀行との営業分野における業務提携について」を参照。
(https://www.daido-life.co.jp/company/news/2018/pdf/181029_02_news.pdf)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

メディケア生命、「新メディフィットA」・「メディフィットRe」法人契約取扱い開始

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催