シンニチ保険WEB

大樹生命、提携金融機関において、無配当外貨建個人年金保険019(予定利率更改型)の販売を開始

大樹生命は、2019年10月1日より提携金融機関において、お客さまの「豊かな人生100年時代」をサポートする無配当外貨建個人年金保険019(予定利率更改型)『夢をささえる大樹の年金』『ステイゴールド2』*1の販売を開始する。
本商品は、為替リスクを抑えつつ外貨で効率的に運用する仕組みに加え、金利下降局面においても予定利率が10年間固定*2されるため、安心の機能を兼ね備えている。
同社では、今後もお客さまのニーズにきめ細やかに応えることができるよう、魅力的な商品・サービスの提供に努めていく。
*1取扱金融機関により販売名称は異なる。
*2契約日から10年ごとの年単位の契約応当日に更改される。
【商品の特徴】
●「円で毎回一定額の保険料」を払いこむため、ドルコスト平均法により為替リスクの軽減が期待できる。また、お客さまニーズに応えるすべく、次の商品性を備えた。
(1)100歳満了確定年金等を新設し、年金支払期間の自在性を高めた。
・人生100年時代に備え、年金開始の年齢にかかわらず、100歳まで毎年年金を受け取れることが確定する。このほか、お客さまが年金を準備したい期間にあわせて設定できるように、7通りの年金支払期間を用意している。
※年金開始日以後、未払年金の現価の一括前払を請求して受け取ることもできる。
※年金支払期間中に被保険者が万が一死亡した場合、残存年金支払期間中の未払年金の現価をのこされた家族に資産として遺すことができる。
※年金開始時には終身年金を選択することもできる。
(2)円建の年金保険に自動的に移行することができる。
・保険料払込満了後、円に換算した解約返戻金額があらかじめ設定した目標額(円)に到達したときに、円建年金保険に自動的に移行することができる。お客さまの円建資金確定ニーズに応えることで、安心感を提供する。
商品詳細:https://www.taiju-life.co.jp/corporate/news/pdf/20191001_1.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「電力卸売価格変保険」の販売開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

メディケア生命、「新メディフィットA」・「メディフィットRe」法人契約取扱い開始

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

大樹生命、FLAKE CUP 2022 JAPAN TOURへ協賛