シンニチ保険WEB

富国生命、認知症重点プラン「ずっとあんしんケアダブル」の取扱いを開始

富国生命は、10月1日より、主力商品である「未来のとびら」(特約組立型総合保険)において、認知症にフォーカスした介護保障プラン「ずっとあんしんケアダブル」の取扱いを開始する。
◆「ずっとあんしんケアダブル」の特徴
1.要介護になった場合、年金が一生涯受け取れて「ずっとあんしん」
公的介護保険制度の要介護2以上と認定された場合や認知症・寝たきりによる所定の要介護状態が一定期間継続した場合に、一生涯にわたって年金が支払われる。
2.認知症に対する手厚い保障
重度の認知症に対しては年金額を50%加算することで、介護にかかる負荷が相対的に大きい認知症を手厚く保障される。
3.一時金タイプの特約と組み合わせることでより充実した保障に
介護が必要となった場合に一時金が支払われる「介護保障特約<有期型>」とあわせて加入することで、介護の初期費用(住宅の改修費など)とその後継続的にかかる費用(介護サービス利用料など)を合理的に準備することができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、学習院大学主催シンポジウム『超高齢社会を科学するⅣ』へ協賛

損保

あいおいニッセイ同和損保、株式会社リリーフサインが提供する風評発見サービスに『炎上時保険』を標準搭載

生保

ライフネット生命、終身医療保険「じぶんへの保険3」「じぶんへの保険3レディース」を新発売

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

富国生命、債券投資を通じた社会貢献事業支援、アジア開発銀行の「ジェンダー・ボンド」を購入

損保

AIG損保、医療保険で業界初 入院時のペットケア費用を補償

生保

マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』において「円建年金支払開始自動判定特約」の取り扱いを開始

生保

PGF生命、提携金融機関3行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、足利銀行・北海道銀行を通じ、『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

太陽生命、株式会社宮崎銀行と窓販提携「My介護Best」の販売を開始

関連商品