シンニチ保険WEB

ニッセイ・ウェルス生命、宮崎銀行を通じ、『悠々時間アドバンス2』を販売開始

ニッセイ・ウェルス生命は、宮崎銀行を通じ、2019年9月17日より、『悠々時間アドバンス2』*の販売を開した。
この商品は、まとまった資金を選択した契約通貨でふやしながら定期的に受け取れる一時払の定額個人年金保険。年金で受け取る『年金受取重視コース』、一時金としても受け取れる『年金原資重視コース』の中から、お客さまのライフスタイルやニーズに合わせて活用できる5つのプランを用意している。「人生100年時代」に備える年金として、長生きの準備に活用することができる。
*正式名称:積立利率金利連動型年金(A2型)/積立利率金利連動型年金(米ドル建)年金額確定特約付/積立利率金利連動型年金(豪ドル建)/生存保障重視特則付指定通貨建個人年金保険
<商品の特徴>
1.日本円、米ドル、豪ドルの3種類の通貨から契約通貨を選択できる。
・為替リスクを負わずに運用したい場合は円建を、海外の好金利を活かして運用したい場合は米ドル建、豪ドル建を選択できる。
2.「指定の口座」で「決まった時期」に受け取れる。
・米ドル建、豪ドル建を選択した場合、年金は指定通貨だけでなく、円でも受け取ることができる。
3.万一の場合には家族に引き継ぐことができる。
・被保険者が亡くなっても、死亡給付金(据置期間中)や継続年金(年金受取期間中)として、家族が受け取ることができる。
※「自分でたくさんプラン(純粋終身年金)」の場合、被保険者が亡くなった後の年金の受け取りはない。
※「ふやしてうけとるプラン(生存保障重視特則付指定通貨建個人年金保険)」の場合、据置期間中の死亡給付金額や解約払戻金額が一時払保険料を上回ることはない。
4.人生100年時代に向けて、年金で受け取る『年金受取重視コース』、一時金としても受け取れる『年金原資重視コース』の中から5つの方法で長生きの準備ができる。
〇年金受取重視コース
■『自分でたくさんプラン(純粋終身年金)』
死亡保障や死亡時の年金受取保証をなくすことで、自分のためにより多くの年金額を受け取ることができる終身年金。自分の長生きに備えることができるプラン。
■『あとからたくさんプラン(年金総額保証付後厚終身年金)』
契約当初の年金額を抑えることで、その後の期間、多くの年金額を一生涯にわたって受け取ることができる終身年金。自分の長生きや家族への相続にも備えることができるプラン。
※契約通貨は米ドル建、豪ドル建。
■『つかいながらのこすプラン(年金総額保証付終身年金)』
一生涯の年金を受け取りながら、万一の場合の受取保証を最大で一時払保険料の120%まで確保できる終身年金。家族への相続にも備えることができるプラン。
■『自分できっちりプラン(確定年金)』
一定期間でふやし、一定期間にわたり決まった金額を受け取ることができる確定年金。自分で計画的に受け取ることができるプラン。
〇年金原資重視コース
■『ふやしてうけとるプラン(生存保障重視特則付指定通貨建個人年金保険)』
据置期間中の死亡保障や解約払戻金を抑えて年金原資を大きくする。年金原資は年金受取にかえて、一時金としても受け取ることができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ニッセイ・ウェルス生命、「令和元年台風第19号」の被害に対する義援金を寄贈

損保

日新火災、自由設計型火災保険『住自在Web』のインターネット販売に伴う、ヤマトシステム開発の「証明書類Web取得サービス」を導入

生保

ネオファースト生命、株式会社第三銀行にて「ネオdeいりょう」「ネオdeいちじきん」2商品を販売開始

生保

太陽生命、インターネット完結型保険「スマ保険」開始

損保

エイチ・エス損保、ネット海外旅行保険「たびとも」をリニューアル

生保

明治安田生命、「外貨建一時払終身保険」を発売

損保

損保ジャパン日本興亜、物理的損害を伴わない電車等の運休・遅延による損害賠償責任を補償に追加

損保

損保ジャパン日本興亜、『軽度認知障害(MCI)等一時金支払特約』発売

生保

PGF生命、提携金融機関3行で2商品を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みずほ銀行を通じ、『利率連動プラン』を販売開始

関連商品