シンニチ保険WEB

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売

朝日生命は、2019年10月2日から、所定の生活習慣病を一時金で保障する「7大疾病一時金特約」(正式名称:無配当7大疾病一時金特約(医療保険)(返戻金なし型))を発売する。
同社では、2004年4月から「生活習慣病保険」を提供しており、累計販売件数215万件※1と、好評を得ている。一方で、生活習慣病の患者数は年々増加しており、2017年においては、20歳以上の延べ総患者数が約1,865万人となっている。また、生活習慣病や関連疾患は、医療費の約3割※2、死因の約6割※2を占めている状況である。
「7大疾病一時金特約」は、従来の「生活習慣病保険(返戻金なし型)」の「7大疾病給付金」が備えている“幅広い保障範囲”“早い段階での支払い”“何度でも支払い”という3つの特長をバージョンアップすることで、生活習慣病の治療を一時金でさらに手厚くサポートする。
また、介護が必要となった主な原因は、その約26%※3が生活習慣病であることから、要介護状態への移行を予防することにも役立ててもらえる。
○「7大疾病一時金特約」のポイント
・「幅広い」保障範囲
「狭心症による所定の手術(カテーテル手術等)」を新たに支払事由へ追加した。
・「早い」段階での支払い
心臓病や脳血管疾患について、「1日以上の入院」で支払いにバージョンアップした。
※60日の労働制限や神経学的後遺症といった要件を廃止
また慢性腎臓病等について、手術に加えて「所定の診断」で支払うこととした。
・「何度でも」支払い
複数回支払いについて、2年に1回の制限を「1年に1回」にバージョンアップした。
※1 2019年3月末現在。「生活習慣病保険」「生活習慣病保険(返戻金なし型)」を合計
※2 厚生労働省「平成26年版厚生労働白書」
※3 厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」における脳血管疾患、心臓病、糖尿病、がんの割合の合計

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、諸利率を更改

生保

T&Dフィナンシャル生命、ふくおかフィナンシャルグループ4銀行にて『ファイブテン・ワールド2』の販売を開始

生保

大樹生命、保険金すえ置き利率等を改定

損保

エイチ・エス損保、保険比較サイト「ほけんのポルト」商品を追加

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴うお客さまへの追加対応についてを発表

損保

共栄火災、新型コロナウイルス感染症に関する商品を改定

損保

MS&ADインシュアランスグループ、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「テレワーク総合補償プラン」の販売開始

生保

損保ジャパン、【業界初】「駐車場シェア専用保険」をakippaと共同開発

損保

SBI損保、自動車保険インターネット割引を拡大

損保

日新火災、新型コロナウイルス感染症に関する商品改定を実施

関連商品