シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、「健康経営保険料率」が新たに適用可能

三井住友海上あいおい生命は、10月より無配当総合福祉団体定期保険において、経済産業省「健康経営優良法人認定制度」と連動した「健康経営保険料率」をあらたに設定し、認定団体に対する保険料割引制度を導入する※。
本割引制度の導入により、業界最大の損保のお客さま基盤を有するMS&ADグループの強みを活かし、企業の健康経営の取組みを後押しすることで、勤労者福祉の向上に寄与するとともに一層のマーケットの拡大・深耕を図る。
また、「健康経営簡易チェックシート&診断レポート(MS&ADインターリスク総研監修)」サービス等、健康経営を目指す企業を支援するメニューを追加し、商品以外の面でも健康経営取組を後押ししたいと考えている。
※適用にあたっては契約者(団体)の申し出が必要。
詳細:https://www.msa-life.co.jp/news/pdf/20190830_soufuku_kenkoukeiei.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、諸利率を更改

生保

T&Dフィナンシャル生命、ふくおかフィナンシャルグループ4銀行にて『ファイブテン・ワールド2』の販売を開始

生保

大樹生命、保険金すえ置き利率等を改定

損保

エイチ・エス損保、保険比較サイト「ほけんのポルト」商品を追加

生保

三井住友海上あいおい生命、2019年度決算を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、2019年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

生保

三井住友海上あいおい生命、団体保険における新型コロナウイルス感染症に関する災害保険金等の支払いについてを発表

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴うお客さまへの追加対応についてを発表

損保

共栄火災、新型コロナウイルス感染症に関する商品を改定

損保

MS&ADインシュアランスグループ、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「テレワーク総合補償プラン」の販売開始

関連商品