シンニチ保険WEB

日本生命、サリバテックへ出資

日本生命は、慶應義塾大学先端生命科学研究所(Institute for Advanced Biosciences)発のサリバテックとの間で、株式を取得することに合意し、出資した。
同社は、健康寿命延伸に資する取組を進めており、生活習慣病予防や早期発見の促進に取組んでいる。その一環として2017年にサリバテック社と提携し、がんを早期発見できる検査技術※の開発に向けて協力してきた。今回の出資により、唾液を数滴採取するだけで、体に負担をかけず、安価で気軽にどこでもがんリスクを測定できる検査技術の開発を支援すること、及びその検査技術を広めることが可能となり、がんの予防意識向上や早期発見への貢献ができると考えている。
※サリバテックが提供する唾液がん検査「SalivaChecker(R)
(サリバチェッカー(R))」は、数滴の唾液を採取するだけで体に負担をかけず、一度に複数(現在では、肺がん、膵がん、大腸がん、乳がん、口腔がんの5つ)のがんリスクがわかる、スクリーニング検査
<出資額>
1.取得株数    25,000株
2.取得価格の総額 2億8,750万円
3.払込日     2019年8月30日
4.株式の保有割合 5.63%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

日本生命、10月から契約貸付利率等を改定

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

損保

東京海上ホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」に選定

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2022」公演開始

損保

三井住友海上、『マイナビ健康経営』『マイナビ AGENT』においてマイナビと業務提携

生保

日本生命、「ロジクロス相模原」着工

生保

日本生命、東京大学とのメンタルヘルスに関する共同研究を開始