シンニチ保険WEB

日本郵便及びかんぽ生命保険、がん保険販売について

日本郵政、日本郵便およびかんぽ生命は、日本郵便及びかんぽ生命でのアフラックのがん保険販売に関して発表した。
一部の報道では、アフラックのがん保険販売において不適切な販売が日本郵便で約10万件、かんぽ生命で約2,600件あったかのような内容が見られるが、これらは、2018年5月~2019年5月の期間に日本郵便が販売したがん保険の新規契約、かんぽ生命が販売したがん保険の新規契約のうち、解約と新規契約を同時に取り扱った件数全体の数字であり、不適切な販売の件数ではない。
また、がん保険について、「解約・新規契約の必要はない」、解約・新規契約の新契約の待ち期間における新旧両契約の保険料の支払いは「保険料の二重払いである」、といった内容が見られるが、解約・新規契約の待ち期間中における新旧両契約の保険料は、保障を途切れることなく継続して受けるためのもので、不必要に保障を重複させるための「保険料の二重払い」ではないとした。
詳細:https://www.jp-life.japanpost.jp/information/20190830-pr-3-2.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、通期連結業績予想の修正を発表

生保

かんぽ生命、2020年3月期第2四半期(中間期)決算を発表

生保

かんぽ生命、「第6回 全国小学校ラジオ体操コンクール」入賞チームを発表

生保

かんぽ生命、令和元年台風第19号による被災者に対する契約者貸付および入院保険金の特別取扱い

生保

かんぽ生命、全契約調査の書面を追加発送

生保

かんぽ生命、日本郵政グループにおける契約調査の中間報告及び今後の取組について公表

生保

かんぽ生命、「かんぽ生命保険契約問題特別調査委員会」からの報告を公表

生保

アフラック、日本郵便株式会社および株式会社かんぽ生命保険によるがん保険募集について自主的に再確認

生保

日本郵政グループにおける契約調査及び改善に向けた取組を発表

生保

アフラック生命、日本郵便およびかんぽ生命でのがん保険販売を継続

関連商品