シンニチ保険WEB

日本郵便及びかんぽ生命保険、がん保険販売について

日本郵政、日本郵便およびかんぽ生命は、日本郵便及びかんぽ生命でのアフラックのがん保険販売に関して発表した。
一部の報道では、アフラックのがん保険販売において不適切な販売が日本郵便で約10万件、かんぽ生命で約2,600件あったかのような内容が見られるが、これらは、2018年5月~2019年5月の期間に日本郵便が販売したがん保険の新規契約、かんぽ生命が販売したがん保険の新規契約のうち、解約と新規契約を同時に取り扱った件数全体の数字であり、不適切な販売の件数ではない。
また、がん保険について、「解約・新規契約の必要はない」、解約・新規契約の新契約の待ち期間における新旧両契約の保険料の支払いは「保険料の二重払いである」、といった内容が見られるが、解約・新規契約の待ち期間中における新旧両契約の保険料は、保障を途切れることなく継続して受けるためのもので、不必要に保障を重複させるための「保険料の二重払い」ではないとした。
詳細:https://www.jp-life.japanpost.jp/information/20190830-pr-3-2.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

生保

かんぽ生命等、業務改善計画の進捗状況を公表

生保

かんぽ生命、三井物産と不動産等のアセットマネジメント事業で資本・業務提携

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

生保

かんぽ生命、2022年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

かんぽ生命、国内上場株式を投資対象とした「コモンズ・インパクトファンド」へ投資

生保

かんぽ生命、2022年3月期決算を発表

生保

かんぽ生命、株式給付信託(BBT)への追加拠出

生保

かんぽ生命、「第9回 全国小学校ラジオ体操コンクール」開催

生保

かんぽ生命、オウンドメディアサイト「かんぽジャンクション」OPEN