シンニチ保険WEB

アクサダイレクト生命、業界最安水準の引受基準緩和型終身医療保険「アクサダイレクトのはいりやすい医療」を新発売

アクサダイレクト生命は、2019年9月11日(水)より「アクサダイレクトのはいりやすい医療」(正式名称:引受基準緩和型終身医療保険(無解約返戻金型))を発売する。
■おもな特長
1.告知項目を3つに限定
3つの告知項目*1がすべて「いいえ」であれば、高血圧、糖尿病(合併症なし)、上皮内がん、緑内障、うつ病などで投薬・治療中でも申込み可能。また入院・手術歴については過去1年以内に限定
2.給付金の支払削減期間はない
加入1年目から給付金が全額支払われる
3.業界最安水準の保険料
豊富な特約の組合せによってきめ細かな保障内容の設定が可能ながら、業界最安水準の保険料*2を実現
■開発背景
厚生労働省の調査*3によると、自身の健康について不安が「ある」との回答割合は61.1%となっており、うち「持病がある」割合が39.6%を占めている。この結果から、少なくとも約4人に1人が何らかの持病を抱えていることがわかる。このような健康状態に不安がある人の、入院や手術等にかかる医療費に対する保障ニーズに応えるべく、緩和型終身医療保険の開発に至った。
実際、同社のお客さまからも、持病や既往症があっても加入しやすい医療保険がほしいという声が寄せられており、そのような経緯から「アクサダイレクトのはいりやすい医療」を発売することとした。
アクサダイレクト生命では、2016年9月に「アクサダイレクトのはいりやすい定期」(正式名称:引受基準緩和型定期保険(無解約返戻金型))を発売している。今般の「アクサダイレクトのはいりやすい医療」発売により、健康状態に不安がある人でもインターネット保険ならではの手頃な保険料で、死亡保障と医療保障の両方を確保することが可能となる。
アクサダイレクト生命は、今後もお客さまのあらゆるニーズに合わせた利便性の高い商品・サービスを提供し、お客さまに安心して選べる生命保険会社を目指していく。
*1 3大疾病保険料払込免除特約(緩和型)および女性疾病入院特約(緩和型)を付加する場合、追加の告知項目がある。
*2 アクサダイレクト生命を含む、インターネットでの募集を行っている生命保険会社の引受基準緩和型医療保険を以下の条件で比較した結果、保険料が最も安い保険会社の商品とアクサダイレクト生命の商品との保険料差が10%未満であったため「業界最安水準」という表記を使用している。なお疾病・医療保険は、商品によって保障内容に差異があるため、正確な比較はできない。また保険料のみをもって商品の優劣を判断することはできない。
【比較条件】2019年8月23日現在
20歳、30歳、40歳、50歳、60歳の各男女、入院給付金日額5,000円、入院中手術:10倍、入院外手術:5倍、先進医療特約付加、支払限度:60日、保険期間・保険料払込期間:終身、保険料払込方法:月払。
*3 厚生労働省『健康意識に関する調査(2014年度)』より
◆「アクサダイレクトのはいりやすい医療」商品概要
https://www.axa-direct-life.co.jp/news/2019/news_190829_a.html?topbnid=n_20190829_a

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「電力卸売価格変保険」の販売開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0 円”に「松本信金の実額補償がん保険」提供開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する「汚染損害拡張補償特約」を発売

生保

メディケア生命、「新メディフィットA」・「メディフィットRe」法人契約取扱い開始

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

生保

東京海上日動あんしん生命、医療保険『メディカルKitエール』等の新特約を発売

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始