シンニチ保険WEB

第一生命、コートジボワール政府向けにインフラ資金を融資

第一生命は、同社初のアフリカにおけるインフラ投資として、コートジボワール政府に対し50百万ユーロ(約60億円)のインフラ資金融資を行った。
本件は、コートジボワール政府向けのインフラ資金融資を仕組化し、AfricanTradeInsuranceAgency※1がその元利払いを保証するストラクチャードファイナンス案件である。コートジボワールを含む西アフリカ諸国では、経済・社会の発展に向けたインフラ整備が社会的課題となっている。コートジボワール政府は、今回の調達資金(総額230百万ユーロ、約280億円)を空港や医療施設の拡充、教育プログラムの提供等、約300のインフラ整備事業に充当する予定である。
同社は、本投資を通じて高い投資収益性を得るとともに、コートジボワールの経済成長とQOL向上に繋がることを期待している。
同社は、2013年度より国内外のインフラ投資に積極的に取り組んできたが、2019年4月、ストラクチャードファイナンス分野における更なる専門性・機動性の強化を図るため、ファイナンス投融資部を新設した。今後も引き続き、資産運用の高度化・多様化によって資産運用収益の向上を図るとともに、責任ある機関投資家として持続可能な社会の形成に寄与すべく、ESG投資にも積極的に取り組んでいく。
※1 AfricanTradeInsuranceAgencyは、アフリカ各国やアフリカ開発銀行の出資により2001年に設立された国際機関であり、アフリカで事業や投資を行う企業・投資家に対し、保証を提供している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、NearMe地域活性化に貢献する新たなモビリティサービスの開発に向けて業務提携を締結

損保

損保ジャパン、株式会社マクニカと安心・安全な自動運転の社会実装に向けた協業を開始

生保

第一生命、営業品質の標準化と生産性向上に向けた実証実験を開始

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI)2020年アセスメント結果を公表

生保

第一生命、国立国際医療研究センターとの協働で新型コロナ感染予防のためのアンケートを実施

生保

第一生命、SASBの「インベスター・アドバイザリー・グループ」・「アジア太平洋WG」メンバーに任命

損保

東京海上日動、TMIプライバシー&セキュリティコンサルティング社との業務提携を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転による無人移動サービスの普及に向けた共創取組を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、withコロナ時代の新たなMaaS向け保険商品の開発に向けた協業取組を開始

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、厚生労働省が推進する「介護ロボット開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」に参画

関連商品