シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」の2019年7月度調査結果

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施している。
2019年7月度調査では、毎月実施している「景況感」に加え、個別テーマとして「災害への備え」を調査した。
<調査結果のポイント(2019年7月度)>
①中小企業経営者のハザードマップの確認状況は、「確認している」が56%となった。
都道府県別でみると、近年、自然災害による大きな被害を受けた地域をはじめ、「南海トラフ地震」の被害が大きいと想定されている太平洋側で「確認している」が多くなった。
②災害に備えて「実施している取組み」は、「データのバックアップ」が45%と最も多く、次いで「安否確認手段の整備・周知」が43%となった。
「ハザードマップを確認」「データバックアップを実施」「安否確認手段の整備・周知を実施」が4~5割程度と、災害に対して危機意識を持っている中小企業経営者は半数にとどまっている。
自然災害の多い日本において、災害から従業員の命を守り、事業を継続できるよう、さらなる災害への備えが望まれる。
◆7月度[調査テーマ]災害への備え
https://www.daido-life.co.jp/company/news/2019/pdf/190821_news.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

エヌエヌ生命、全国の中小企業経営者夫婦と子どもの「父の日」意識調査を実施

生保

PGF生命、「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施

生保

ライフネット生命、契約者の評価をウェブサイトで公開

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

大同生命、「夏のウォーキングキャンペーン」を通じたSDGsに貢献