シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、社会貢献特約の取扱いを開始

三井住友海上プライマリー生命は、2019年9月2日から、『社会貢献特約』の取扱いを、三井住友銀行を保険募集代理店とする一部商品にて開始する。
従来、生命保険は保険金等受取人の指定範囲を家族等(*1)とし、資産を家族にのこしたいというニーズに応える商品として活用されてきた。そのような中、近年では、「資産を寄附することで社会のために役立てたい」など、資産継承に関する価値観の多様化がみられている。これを踏まえ、三井住友銀行と共同で、保険金等受取人を公益団体に指定できる本特約を業界に先駆けて(*2)開発した。本特約を付加することで、保険金等を「指定公益団体」(*3)に支払うことができ、お客さまの寄附へのニーズに応える。
三井住友海上プライマリー生命はこれからも、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に則り、お客さまニーズにきめ細かく応えるとともに、お客さまの「元気で長生き」を支える魅力的な商品・サービスの提供に努めていく。
*1 原則、被保険者の3親等以内の親族。
*2 保険金等受取人として公益法人を指定することを可能とする特約について、業界初となる。三井住友海上プライマリー生命調べ(2019年7月末時点)。
*3 本特約を付加した契約の保険金等受取人となることについて、三井住友海上プライマリー生命と合意した団体。
■本特約の概要
・同社が指定する公益団体(指定公益団体)を保険金等受取人とする特約である。
・契約時に本特約を付加(*4)の上、指定公益団体の中から1団体を選択する(*5)。
*4 契約時のみ付加することができる。また、契約者と被保険者が同一人であるなど、所定の条件がある。
*5 契約中の指定公益団体の変更は可能。
・被保険者が亡くなったになった場合、保険金等を指定公益団体に支払う。
○指定公益団体
指定公益団体は以下の2団体(2019年9月2日時点)。
・日本赤十字社
・日本ユニセフ協会
※将来、追加・変更する可能性がある。
○対象商品
三井住友銀行を保険募集代理店とする、以下の2商品となる。
(1)通貨選択生存保障重視型個人年金保険「一生涯受け取れる 人生応援年金」
(2)円建終身移行特約付通貨選択利率更改型終身保険「しあわせ、ずっと」
○諸費用について
本特約を付加した場合、特約の維持・管理等にかかる費用として、保険金等の支払い時に、受取人に支払う保険金等から、保険金等の1%(最大10万円)が差し引かれる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売

損保

アニコム損保、日本初「シニア専用」ペット保険を発売

損保協会・団体

損保協会、令和元年台風15号による災害に伴う損害保険の補償内容等についてよくある質問を公表

生保

メディケア生命、医療終身保険「メディフィットA」等の給付金額の取扱範囲を拡大

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「スマホ決済事業者総合補償プラン」の販売を開始

生保

PGF生命、群馬銀行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売を開始

生保

第一生命、「就業不能保険」を発売

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択生存保障重視型個人年金保険『あしたの、よろこび2』を発売

生保

三井住友海上あいおい生命、「健康経営保険料率」が新たに適用可能

生保

大樹生命、三重銀行にてステイゴールドを販売開始

関連商品