シンニチ保険WEB

カーディフ生命、オリックス銀行のカードローン向けに、がん保障付き団信を提供開始

カーディフ生命は、2019年8月29日より、オリックス銀行のカードローンを新規で申し込み、契約したお客さま向けに、がん保障付き消費者信用団体生命保険を提供開始する。
本保障は、カードローンを利用のお客さまが死亡・高度障害状態となった場合、またはがんと診断された場合※1に、その時点でのローン残高を保険金等として支払い、ローンの返済に充当する。
同社調査※2によると、カードローン利用者の約7割が、がん保障付きカードローンに対して「とても魅力を感じる」「魅力を感じる」「少し魅力を感じる」と回答。また、「この保障があればローン借入時の不安解消につながると思う」と回答した利用者は6割にのぼる。今回の保障により、万が一の場合にその後のローン返済が免除されるため、より安心してカードローンを借入れできるようになる。
日本で初めてがん団信を開発した“住宅ローン保険のパイオニア”としてその経験とノウハウを活かし、住宅ローン以外のローン市場においても手厚い返済保障を提供することで、お客さまには更なる安心を、また金融機関には他社との差別化につながる付加価値を届ける。
※1:責任開始日以後生まれて初めてがんに罹患し、医師によって診断確定された場合
※2:カードローン利用者5,453名(20~59歳男女)を対象としたインターネット調査(調査時期:2016年12月。調査会社:楽天リサーチ株式会社)
【保障概要】
◆正式名称(主契約)消費者信用団体生命保険
◆付帯される特約/特則
・消費者信用団体生命保険特定疾病保障特約Ⅱ型(ガン保障特約)
・保険金額の制限を変更する場合の特則
◆引受保険会社  カーディフ生命保険株式会社
◆保障内容
≪主契約≫
死亡または所定の高度障害状態となった場合、その時点のローン残高相当額を支払う(死亡保険金・高度障害保険金)
≪特約≫
責任開始日以後生まれて初めてがんに罹患し、医師によって診断確定された場合、その時点のローン残高相当額を支払う
※「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚のその他の悪性新生物(皮膚ガン)」、「上皮内ガン」は支払いの対象外
≪特則≫
この特則により、保険金額の上限は1,000万円となり、自殺免責はローン契約を結んでいる全期間となる。
◆保障の終了
・ローンの終了(残存債務の即時返済を求められたとき、ローン契約の満了・中止・解約等)
・満年齢85歳に到達したとき
・支払事由に該当し、保険金が支払われたとき
※ガン診断保険金支払事由に該当したときの未返済債務金額が0円の場合には、ガン保障特約は消滅するが、主契約である消費者信用団体生命保険は、死亡・高度障害についての保障を継続する。
※保険金・給付金などの支払いには制限条件がある。保障の詳細は「被保険者のしおり」を参照。
※カードローンの詳細は、オリックス銀行のホームページ(https://www.orixbank.co.jp/)を参照。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、ドレミングと業務提携~給与即時払いのインフラを活用した迅速かつ効率的な保険加入を実現

損保

日新火災、ケガの治療に特化した傷害保険「キズいえ~る」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、京都大学と新たなニーズに対応する保険商品を共同で開発

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じ、『エムソリューションⅢ 終身保険型(米ドル建/豪ドル建)告知コース・無告知コース』を販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス自動車保険『タフ・見守るクルマの保険プラス』を発売

生保

ネオファースト生命、公式サイトにてインターネットによる保険申込手続きを開始

生保

PGF生命、提携金融機関3行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売開始

生保

PGF生命、付帯サービスの提供を開始

生保

SBI生命、Webコンテンツシリーズ「わたしがもっと素敵になる、くらしとお金のヒント」第11話公開

損保

SBI損保、無料乳がん検診を川崎フロンターレのファンイベントで実施~併せてDF車屋選手による検診啓発活動を実施

関連商品