シンニチ保険WEB

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2019年度取組を公表

日本生命は、お客様本位の業務運営の更なる徹底を図るため、2019年度のお客様本位の業務運営に関する取組内容をまとめ、「お客様本位の業務運営に係る取組内容」(以下「同取組内容」)を改定する。
同社は、2017年3月に、お客様本位の業務運営をより一層推進する観点から、「お客様本位の業務運営に係る方針」および同取組内容を定めた。
また、2019年3月には、2018年度の取組結果について、公表している。
今般の改定は、より一層お客様に誠実かつ真摯に向き合っていくべく、社会の要請や時代の変化に応じたお客様ニーズに応えるための新たな生命保険商品・サービスの提供や、募集時のお客様への情報提供の充実等、お客様との接点における取組の強化を図ったものである。
同取組内容に則り、全業務分野において、お客様本位の業務運営の推進に努めるとともに、業務運営の状況については定期的に検証し、お客様本位の取組の更なる強化に繋げていく。
●お客様本位の業務運営に関する取組内容について
https://www.nissay.co.jp/news/2019/pdf/20190703.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

日本生命、10月から契約貸付利率等を改定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開