シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケートで「景況感」と「外国人労働者の雇用実態」について調査

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施しており、2019年5月度では、毎月実施している「景況感」に加え、個別テーマとして「外国人労働者の雇用実態」を調査している。
<調査結果のポイント(2019年5月度)>
1. 「人材確保(人手不足)のビジネスへの影響」では、63%が「課題認識がある(大きな課題となっている/課題である/課題が顕在化しつつある)」と回答した。
2. 「外国人労働者雇用の現状」では、20%が「外国人労働者の雇用経験あり(現在、雇用している/過去に雇用したことがある)」と回答した。
3. 「今後の外国人労働者の雇用意向」では、「関心がある」が40%、「関心がない」が60%となった。→63%が人手不足を課題認識している一方で、外国人労働者雇用への関心は40%と23ptの乖離がある。ただし、「宿泊」「外食業」「農業」などでは関心が高く、業種により関心の高さが大きく異なることがうかがえる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

大同生命、「夏のウォーキングキャンペーン」を通じたSDGsに貢献

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2022年4月度調査レポートの公表

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、2022年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

生保

T&D保険グループ、2022年3月期決算を発表

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」3月度調査レポートを公表

生保

太陽生命と大同生命、大阪大学が発行するサステナビリティボンドへ投資