シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、「第一生命リアルティアセットマネジメント」を設立

第一生命ホールディングス(以下「第一生命HD」)は、アセットマネジメントOneとJanus Henderson Groupplc.を通じて、国内外でアセットマネジメント事業を展開してきた。今般、第一生命グループの不動産リソースを活用し、アセットマネジメント事業を更に拡大すべく、第一生命HDと相互住宅株式会社(以下「相互住宅」)は、2019年7月1日(月)(予定)に新会社「第一生命リアルティアセットマネジメント株式会社」(以下「第一生命リアルティ」)を共同で設立することを決定した。
第一生命リアルティは、2020年前半までに適格機関投資家向けの非上場オープンエンド型私募リートを組成することを目指し、体制整備や必要となる許認可の取得を進めていく。第一生命保険と相互住宅は、人財や物件を拠出するスポンサーとして、第一生命リアルティの事業運営を積極的にサポートしていく。
本私募リートは第一生命グループの一員として、日常生活の基盤である住宅を中心に、人々のQOL向上1に資する不動産を投資対象とする方針である。第一生命保険と相互住宅は、長期的に安定した利回りを期待できる東京23区を中心とした優良住宅物件を多数保有していることに加え、新規物件開発を継続的に行っている。本私募リートはそうした住宅物件を中核としたポートフォリオを構築し、良質な投資機会を国内機関投資家へ提供する。
また、本私募リートにおいてはQOL向上に資する不動産物件(高齢者向け住宅、メディカル施設、教育関連施設、保育所等生活関連施設等)の組み入れを中長期的に増やしていくことで、人々のQOL向上への貢献を投資家と共に推進していきたいと考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、半導体ベースの新型コンピュータを活用した損害保険ポートフォリオ最適化に関する実証実験を開始

損保

東京海上ホールディングス、ブラジルにおける保険合弁会社の設立(特定子会社の異動)

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

日本生命、MLC Limitedの増資

生保

住友生命、Bao Viet Holdingsへ追加出資

生保

アフラック生命、がん経験者向けSNS「tomosnote」ウェブサイトオープン及び全国がん患者連合会と協力

損保

au損保、博報堂アイ・スタジオと業務提携

損保

エイチ・エス損保、法科学鑑定研究所株式会社と顧問契約を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、常陽銀行と認知症に関する協業を開始

損保

SOMPOホールディングス、『DataScienceBOOTCAMP第6期』2020年1月より開講

関連商品