シンニチ保険WEB

PGF生命、2019年の還暦人(かんれきびと)に関する調査結果

PGF生命は、2019年4月19日~4月22日の4日間、今年還暦を迎える1959年生まれの男女(以下、還暦人「かんれきびと」と呼称)を対象に「2019年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、2,000名の有効サンプルの集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
今年還暦を迎える1959年生まれの男女は、152万人※にのぼる。今年の還暦人に、還暦を迎えることへの意識やライフスタイル、そして今後の人生への期待や不安を聞いたところ、多様な人生観や生活実態が垣間見える結果となった。PGF生命は、還暦を迎える人が安心して末永くいきいきとした生活をおくれるよう、ひきつづき生命保険ビジネスを通じて応援する。
※出典:総務省統計局「出生年別亥(い)年生まれの人口」より 参考:https://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1141.html
<調査結果ハイライト>
【第1章:還暦人の価値観と人生振り返り】
◆気持ちは40代 還暦人の精神年齢は平均47歳、肉体年齢は平均55歳
◆還暦人の“幸せ絶頂期”は“バブル崩壊前夜”と重なる
◆喜ばれる還暦祝い イベントごとなら「一緒に旅行」や「食事会」、プレゼントなら「旅行券」
◆奇跡の還暦人 容姿が若い有名人 女性1位「田中美佐子さん」、男性1位「京本政樹さん」
◆好感が持てる同年代の有名人 TOP3は「榊原郁恵さん」「田中美佐子さん」「柴田理恵さん」
【第2章:還暦人の仕事・マネー・生活】
◆“アラセブ”まで現役「還暦を過ぎても働きたい」還暦人が8割半
◆還暦人の貯蓄額 平均2,956万円 一方4人に1人が「100万円未満」
◆還暦人の月ごとの消費 「健康維持」に平均1万3千円、「趣味」には平均1万4千円
◆還暦人の電子マネー利用率は6割強、QRコード決済利用率は1割
◆還暦人が選ぶ新紙幣の顔 1位「聖徳太子」、2位「坂本龍馬」、元スポーツ選手もランクイン
◆東京五輪 還暦人が注目する競技1位「陸上競技」2位「水泳」、還暦女性は「体操」に注目
【第3章:還暦人の恋愛・結婚とパートナー】
◆還暦人の結婚 「お見合い・紹介結婚」3割弱
◆還暦以降は夫婦円満 これからの夫婦仲は「良くなる」が7割半
◆夫婦で意識差 「夫婦一緒に過ごす時間を大切にしたい」男性では約7割、女性では5割半
◆パートナーを漢字一字で表すと 1位は「優」、男性回答2位「愛」、女性回答2位「楽」
◆おひとりさま男性の9人に1人が「マッチングアプリ・お見合いサイトに登録希望」
【第4章:還暦人の展望と不安】
「やりたいこと(叶えたい夢や目標)がある」還暦人の約7割
◆還暦を機にやりたいこと 1位は「不用品処分」 還暦男性の8人に1人が「資産運用」を選択
◆還暦人が抱える不安 1位「収入の減少」2位「身体能力の低下」3位「年金制度崩壊」
◆還暦人が行っている老後の準備 1位は「貯蓄・資産運用」、「運転免許の自主返納」は2%
「PGF生命調べ」※アンケート結果詳細:http://www.pgf-life.co.jp/company/research/2019/001.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、シニアの生活意識調査2019の集計結果を公表

生保

PGF生命、群馬銀行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売を開始

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、たばこに関するアンケート調査結果について公表

損保

au損保、ペットの健康に関する調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」の2019年7月度調査結果

損保

損保ジャパン日本興亜、社会的課題・SDGsに関する意識調査を実施

生保

ソニー生命、「中高生が思い描く将来についての意識調査2019」を実施

生保

PGF生命、提携金融機関3行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売開始

生保

PGF生命、付帯サービスの提供を開始

生保

日本生命、「消費増税」に関するアンケート調査を実施

関連商品