シンニチ保険WEB

大樹生命、お客さま本位の業務運営に関する取組内容の改定

大樹生命は、2018年度のお客さま本位の業務運営に関する取組結果をまとめ、合わせて「お客さま本位の業務運営に関する取組内容」(以下「同取組内容」)を改定する。
同社では2017年5月に「お客さま本位の業務運営に関する方針」(以下「同方針」)および同取組内容を定めて以降、お客さま本位の業務運営をより一層推進する観点から、継続的な取組の強化・充実を行っており、その結果を公表している。
今般の改定においては、
・お客さまのニーズに応えるための商品ラインアップの充実
・お客さまがより商品の比較や選択をし易くなるような募集資料の作成
・金融機関代理店における、実質的な利回りや各種リスク等をまとめた資料の提供等、お客さまへの情報提供の更なる充実
・募集代理店自身の「お客さま本位の業務運営」に対する管理態勢等をより一層重視するための代理店手数料体系の見直し等
お客さまとの重要な接点における取組の充実をはかっている。
今後も業務運営の状況について定期的に検証・見直しを行い、全業務分野において、お客さま本位の業務運営の更なる推進に努めていく。
●2018年度お客さま本位の業務運営に関する取組結果
詳細:https://www.taiju-life.co.jp/corporate/news/pdf/20190611_1.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

生保

大樹生命、FLAKE CUP 2022 JAPAN TOURへ協賛

生保

メットライフ生命、UN Women(国連女性機関)が主導するアンステレオタイプアライアンスの日本支部に加盟

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革

生保

大樹生命、持続可能な社会の実現に向けた取組みを発表