シンニチ保険WEB

カーディフ生命、カーディフ損保、先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービスを開始

カーディフ生命およびカーディフ損保は、2019年5月22日より、「先進医療給付金」を医療機関へ直接支払う「医療機関あて直接支払サービス」を開始する。
先進医療の技術料は公的医療保険の対象外のため全額自己負担となる。このため、治療費が高額となる陽子線治療や重粒子線治療を受療したお客さまは、これまで医療機関への技術料支払い後、給付金を受け取るまでの間、一時的に高額な技術料を負担する必要があった。
本サービスの開始により、一時的な経済負担を軽減できるため、お客さまは安心して陽子線治療および重粒子線治療を受療できるようになる。
【取扱内容】
カーディフ生命またはカーディフ損保が提供する以下の特約に加入のお客さまで、「陽子線治療」および「重粒子線治療」を受療される場合に、本サービスの利用が可能である。
●引受保険会社
カーディフ生命
カーディフ損保
●対象となる特約
「先進医療特約(17)」、「満期保険金付先進医療特約」、「先進医療特約」、「団体信用生命保険ガン先進医療特約」
「悪性新生物先進医療給付金特約(配偶者用)」
本サービスの対象医療機関については、お客さま相談室にて案内している。
本サービスの利用は任意であるので、「先進医療給付金」をお客さまが受け取る方法も選択できる。
カーディフ生命およびカーディフ損保は、「人と、その人にとって大切なものを保険でまもる」というミッションのもと、これからもお客さまが便利に快適に利用できる保険の提供に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「認知症保険」の累計販売件数が50万件超え

損保

東京海上ホールディングス、株式会社リンクアンドコミュニケーションと資本業務提携

損保

SOMPOホールディングス、『Data Science BOOTCAMP 第5期』7月から開講

生保

明治安田生命、「お客さまの声」白書を公表

生保

T&Dフィナンシャル生命、保険契約者向け医療サポートサービス「M3 Patient Support Program」の提供開始

損保

AIG損保、「業務災害総合保険(ハイパー任意労災)」に業界初“がん通院治療費用支援特約(ハイパーメディカルプラス)”を追加

生保

生命保険文化センター、「遺族保障ガイド」改訂

生保

太陽生命、「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2019」を開催

生保

太陽生命、次世代携帯端末「太陽生命コンシェルジュ」に搭載した告知音声認識機能について特許を取得

損保

損保ジャパン日本興亜、AI防災協議会へ参画

関連商品