シンニチ保険WEB

住友生命、“VitalityAction”が「第7回スポーツ振興賞」にて「経済産業省商務・サービス審議官賞」を受賞

住友生命は、スミセイ“VitalityAction”※1が公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会及び一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構が実施している「第7回スポーツ振興賞※2」において「経済産業省商務・サービス審議官賞」を受賞した。
住友生命では、健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を軸に社会全体への健康増進の働きかけや、健康経営を推進することで、「健康寿命の延伸」という社会的課題の解決に取り組む、CSV※3プロジェクトを展開している。
スミセイ“VitalityAction”は、CSVプロジェクトの柱のひとつ「社会全体への健康増進の働きかけ」における健康増進に取り組む社会貢献事業として、2017年度の住友生命創業110周年の節目にスタートした。本取組みは、1つの組織だけでなく、自治体や財団、研究者、アスリート等様々な協力を得ながら「健康寿命の延伸」に貢献していく取組みで、全国110か所で様々な種目のトップアスリートを講師に迎えた親子スポーツイベントの開催や、大規模ランニングイベントの開催による「行動促進」を図っている。
また、講演会の開催や健康啓発冊子の配布等による健康増進への「理解促進」を図っている。
現在までに、親子スポーツイベントを全国75か所で開催し8,970名の参加があり、講演会を全国106か所で開催、約37,500名が参加した。
今後も、この取組みを継続し「健康寿命の延伸」に向けた社会全体への「行動促進」および「理解促進」に貢献していく。
※1 http://www.sumitomolife.co.jp/sva/
※2 スポーツや障がい者スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献している団体・グループ・企業の活動を顕彰するもの(公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構ホームページより)。
※3 「CreatingSharedValue」の略語で、「共有価値の創造」を意味しており、本業で社会的課題に取り組み、「社会問題の解決」と「企業価値の向上」を両立させることを指す。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

コープ共済連、ピンクリボン運動について

生保

明治安田生命、「コンタクトセンター・アワード2019」において「リーダー・オブ・ザ・イヤー賞」を2年連続受賞

生保

住友生命、シンガポールにおける障がい者活躍支援の実証実験を実施

生保

住友生命、Vitality健康プログラムにスタートダッシュ特典(リワード)新設

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI※)2019年アセスメント結果で2年連続で全分野グローバル平均以上の評価を獲得

生保

住友生命、2018年度スチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告

生保

住友生命、株式会社カネカが発行する「グリーンボンド」へ投資

生保

住友生命、第30回「創作四字熟語」募集開始

損保

損保協会、高齢者からのトラブル相談が急増、「2019年度版住宅修理サービストラブル注意喚起チラシ」を作成

損保

AIG損保、子どもの交通安全啓発に役立つオンラインゲーム「ALL BLACKS 交通安全ゲーム」提供開始

関連商品