新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、外貨建て一時払終身保険『しあわせ、ずっと2』を発売

三井住友海上プライマリー生命は、現在販売中の『しあわせ、ずっと』に新たな機能を追加した『しあわせ、ずっと2』*1の取扱いを5月7日に開始する。
2012年2月に発売した外貨建て一時払終身保険『しあわせ、ずっと』は、好金利の外貨でふやすなどの特徴から、販売累計額が3兆円*2を超えた。このほど、より幅広いお客さまのニーズに応えるために、商品内容をリニューアルした『しあわせ、ずっと2』を発売することとした。
『しあわせ、ずっと2』では、毎年定期支払金を受取れる「定期支払コース」を新設する。お客さまの多様な資金ニーズに合わせて、従来からの複利でふやすしくみの「積立コース」*3と、新たな「定期支払コース」のいずれかのコースを選択できる。また、特約を付加することにより、終身の死亡保障にかえて一生涯の介護年金を受取る選択ができる*4。さらに、解約控除率の引下げにより、解約時等にお客さまが負担する費用(解約控除額)が軽減される。
5月7日から、108金融機関での販売が予定されており、今後も取扱い代理店を順次拡大していく。
*1 正式名称は、円建終身移行特約付通貨選択利率更改型終身保険/死亡保障充実特約付通貨選択利率更改型終身保険(定期支払特約付)。
*2 2019年3月末時点(『しあわせ、ずっと』と商品性が同一の『しあわせの架け橋』、『GROWING LIFE』、『三井住友プライマリー外貨建定額終身保険』を含む)。
*3 取扱代理店により、コース名が異なる場合がある。
*4 公的介護保険制度の要介護2以上と認定されている場合、契約日から1年経過以後であれば介護年金へ移行できる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

日本生命、ペアローン利用者向け団体信用生命保険を10月発売

生保

ジブラルタ生命、変額保険(有期型)を発売

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、業界初『AIファンド予測サービス』開始

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

関連商品