シンニチ保険WEB

生保協会、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同

生保協会は、4月19日開催の理事会において、金融安定理事会が設置した気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosure以下「TCFD」)の提言に賛同することを決定した。
TCFD提言では、企業に対して気候変動がもたらす「リスク」および「機会」の財務的影響を把握し、開示することが推奨されている。
持続可能な社会の構築にあたっては、SDGs達成に向けた世界的潮流も踏まえ、気候変動に対する企業の取組みの重要性がますます高まっている。生命保険協会は、生命保険業界における取組みをより一層推進するために、TCFD提言に賛同する。
今後、生命保険協会は、TCFDに関する情報収集や情報提供等を通じて、会員各社の気候変動に対する取組みの推進を後押しすることで、より一層SDGs達成に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大樹生命、お客さま本位の業務運営に関する取組内容の改定

生保

T&Dホールディングス、「T&D保険グループ中期経営計画(2019-2021年度)」を策定

生保

三井住友海上あいおい生命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」の取組み状況(2018年度末概況)等を公表

生保

三井住友海上あいおい生命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」2018年度の取組概況と今後の取組みについてを発表

損保

三井ダイレクト損保、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況および消費者志向自主宣言についての発表

損保

三井住友海上、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況を公表

損保

あいおいニッセイ同和損保、2018年度「お客さま第一の業務運営」に関する取組結果を公表

生保

生保協会、確定拠出年金(企業型)の統計概況(平成31年3月末現在)を発表

損保

SOMPOホールディングス、現中期経営計画の後半計画(2019~2020年度)におけるグループ経営目標を策定

生保

生保協会、「自助の日」を迎え協会長がコメントを発表

関連商品