シンニチ保険WEB

生保協会、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同

生保協会は、4月19日開催の理事会において、金融安定理事会が設置した気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosure以下「TCFD」)の提言に賛同することを決定した。
TCFD提言では、企業に対して気候変動がもたらす「リスク」および「機会」の財務的影響を把握し、開示することが推奨されている。
持続可能な社会の構築にあたっては、SDGs達成に向けた世界的潮流も踏まえ、気候変動に対する企業の取組みの重要性がますます高まっている。生命保険協会は、生命保険業界における取組みをより一層推進するために、TCFD提言に賛同する。
今後、生命保険協会は、TCFDに関する情報収集や情報提供等を通じて、会員各社の気候変動に対する取組みの推進を後押しすることで、より一層SDGs達成に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保協会、「はじめての気候変動対応ハンドブック」の作成・公表

生保

プルデンシャル生命、「トモショク宣言」を実施

生保協会・団体

生保協会、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」助成施設を決定~応募総数719施設の中より81施設を選出、総額1,400万円を助成~

損保

三井住友海上、AIを活用した新たな代理店システム「MS1 Brain」を開発

生保

大樹生命、国連責任投資原則(PRI)に署名

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(岩手県・宮城県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県)を公表

協会・団体

損保協会、NAICQJ・RJ評価プロセス案の意見を提出

生保

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いへの発表

生保

住友生命、2018年度スチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告

協会・団体

損保協会、IAISのICP・コムフレーム市中協議に意見提出

関連商品