シンニチ保険WEB

生保協会、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同

生保協会は、4月19日開催の理事会において、金融安定理事会が設置した気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosure以下「TCFD」)の提言に賛同することを決定した。
TCFD提言では、企業に対して気候変動がもたらす「リスク」および「機会」の財務的影響を把握し、開示することが推奨されている。
持続可能な社会の構築にあたっては、SDGs達成に向けた世界的潮流も踏まえ、気候変動に対する企業の取組みの重要性がますます高まっている。生命保険協会は、生命保険業界における取組みをより一層推進するために、TCFD提言に賛同する。
今後、生命保険協会は、TCFDに関する情報収集や情報提供等を通じて、会員各社の気候変動に対する取組みの推進を後押しすることで、より一層SDGs達成に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、新型コロナ感染防止を踏まえた新たな自然災害対応態勢

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」を改定し、取り組み結果を公表

損保

共栄火災、「お客様本位の業務運営方針」に基づく取組状況を公表

生保

太陽生命、太陽の元気プロジェクト2019年度の取組み

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(佐賀県・島根県)を実施

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(大分県・岐阜県)を発表

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(福岡県)

生保

はなさく生命、お客様本位の業務運営に関する取組みを改定

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2020年度取組を改定

関連商品