新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メディケア生命、日本初、通院時代の「おくすり保険」を新発売

メディケア生命は、2019年5月13日より、薬剤治療保険(無解約返戻金型)「メディフィットEX」を発売する。
この商品は、生活習慣病の重症化予防に着目した薬剤治療を保障する、日本で初めて※1のおくすり保険である。医療技術の進歩や国の医療政策などによって、治療が入院から通院にシフトしており、通院では薬剤治療が多く行われている医療実態を踏まえ、従来の医療保険(入院・手術を保障)ではカバーしきれていない、通院による薬剤治療を保障する。
より多くのお客さまの役に立てる通院時代に相応しい新しいカタチの医療保険である。
開発の背景として、日本では現在、生活習慣病が増加し、社会的な課題となっていることが挙げられる。
生活習慣病は、心筋梗塞や脳卒中などの重症疾患に進行し、最後は生活機能の低下や要介護状態となることで健康長寿の妨げに繋がりかねない。そのため、国や自治体は生活習慣病の発症予防や重症化予防に重点を置いた対策を推進している。
早期発見・早期治療が重症化予防としては重要となるが、その中心的な役割を担うのは薬剤治療である。
薬剤治療で適切にコントロールすることで、健康長寿に繋がる。
同社は、「メディフィットEX」を通じ、豊かで明るい健康長寿社会の実現に寄与していく。
〇おくすり保険のポイント
①支払の対象となる薬剤は約1,400品目※2
・この商品の支払の対象となる疾病は最大で9疾病(がん、心疾患、脳血管疾患、動脈・静脈疾患、腎疾患、肝疾患、膵疾患、糖尿病、脂質異常症)になる。これらの疾病はいわゆる生活習慣病である。これらは相互に関連性の高い疾病で併発することも多いため、薬剤費がかさみ、治療費が増える。この商品では、各疾病の主たる治療法に使用する主な薬剤(例えば、糖尿病の場合はインスリン等)をカバーした。
②入院・通院・手術・在宅医療等の要件を問わない
・入院前の通院段階における重症化予防の薬剤治療や退院後における再発予防の薬剤治療に対応可能である。もちろん、在宅・入院中の薬剤治療にも対応可能である。
③給付金の請求も簡単、おくすりを簡単に検索
・支払の対象となるおくすりを同社WEBページ上で簡単に検索できる医薬品ナビを株式会社アジャスト※4と共同で開発した。
※1 生命保険協会加盟の生命保険会社が取り扱う商品のなかで「複数疾病に対する薬剤治療を主たる保障対象とする主契約」について。メディケア生命調べ(2019年3月時点)
※2 支払対象薬剤Ⅱ型の場合。「支払対象薬剤数」についてはメディケア生命調べ(2019年3月時点)
※3 「WEBページ上で一般公開し、複数疾病に対する薬剤治療を主たる保障対象とする保険商品においてお客さま自身で支払の対象となる薬剤を検索できる仕組み」について。メディケア生命調べ(2019年3月時点)
※4 会社名:株式会社アジャスト代表者:横溝宏昌設立:昭和57年9月20日事業内容:医療データ整理・分析・DB作成等
〇「メディフィットEX」の開発背景
・がんなどの9疾病の総患者数は近年増加している。
また、そのうち約10人に9人が通院による薬剤治療を受けている。
・開頭術などの負担の大きい手術の減少などにより、9疾病の平均入院日数は短縮傾向にある。また、心疾患などの術後は通院による薬剤治療で再発防止を図る。
・9疾病は食生活・飲酒・運動などの生活習慣に起因するものが多くあるが、加齢・環境要因(感染症・ストレスなど)により、やむなく進行する場合もある。
・薬剤治療は通院がメインであり、従来の医療保険(入院・手術を保障)ではカバーしきれない。
〇商品内容詳細
≪https://news.medicarelife.com/release/down2.php?attach_id=376&seq=1≫

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

関連商品